colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈ヒダクマ秋祭り2017〉
飛騨の森でワークショップと
ごはんを楽しむ2日間

コロカルニュース
vol.2214

posted:2017.10.4  from:岐阜県飛騨市  genre:ものづくり / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akira Sawaya

澤谷 映

さわや・あきら●長野県松本市在住。山梨県北杜市の森の中で育ち、大学進学を機に松本市へ。卒業後は山が美しい安曇野市、商店街が心地いい三軒茶屋をへて、再び松本市に。人と自然と文化がリズムよく混ざる、いいまちです。パッと好きになるもの、じっくり好きになるもの、どちらも大事にしたいです。

自然と生きる、暮らしのヒントを探しに

2017年10月21日(土)と22日(日)、
岐阜県飛騨市で〈ヒダクマ秋祭り「森と街をつなぐ」〉が開催されます。

フェスティバル期間中の2日間は「森」をキーワードとした、
たっぷり23個のプログラムを堪能することができます。
ものづくり体験やおいしいごはんをいただくなど、
暮らしのヒントを探しながら、思い思いに過ごしてみてはいかがでしょうか。

おすすめプログラムをピックアップ!

パートナーや子どもと一緒にも楽しめるのは、
森で枝を拾ってスプーンをつくり、カレーを食べる〈森のスプーン採集〉。

ふたつとして同じ形のない、自分だけのスプーンづくりにチャレンジ

ゆったりと過ごしたい人に最適なのは、
服を着たまま過ごすサウナ〈フィンランド発アウトドアサウナ〉。

日本ではまだ珍しい本格的なテントサウナが楽しめます

お腹がすいたら〈森の晩餐会〉や〈森の喫茶店〉、
〈火日常を楽しもう〉のピザ焼き体験もおすすめ!

料理家の森本桃世による、特別な夜の晩餐会をどうぞ

プロ写真家とともにカメラを持って森を巡るワークショップ
〈感性を引き出す森の撮影ワークショップ〉や、
眼下に朝霧を眺める〈早朝登山。森を登って雲の海へ。〉も、
飛騨の大自然を肌で感じるすてきな機会です。

野外で映画『シェフ 〜三ツ星フードトラックはじめました〜』を鑑賞する〈森の映画祭〉も、
寄り添う自然に癒されそう。

透き通るような作品で知られるフォトグラファーの糸井奈緒美と一緒に撮影をします。

朝霧は自然現象のため、見ることができたらとても幸せな経験になるはず。

アーティストとともに作品をつくりながら森にキャンプインする
〈一里循環アートキャンプ〉も、なかなか得られない体験ですね。

食べること、生きること、森で深呼吸すること——。
会場では、自然の声に耳を傾けながら暮らすヒントがみつかるかもしれません。

次のページ
主催は官民共同事業体〈飛騨の森でクマは踊る〉

Page 2

「ヒダクマ」とは、イベントを主催する、飛騨市と民間による
官民共同事業体〈株式会社飛騨の森でクマは踊る〉の略。
まるで、童話のようにハッピーな会社名ですね。

ヒダクマのテーマは、「飛騨の森、100年先のために今できること」。
普段は飛騨の木を利用したものづくりや体験滞在のサポートをおこなっています。

2016年のヒダクマ秋祭りトークセッションなどの様子

美しい秋の飛騨市を楽しもう

森に楽しく触れることで、木を「材料」として見るのではなく、
循環する森とまちのあり方を探るヒダクマ秋祭り。
舞台は、白川郷や高山もほど近く、白壁のまち並みが美しい飛騨市古川町。
森やまちを縦横無尽にステージとして使います。

お祭りへの参加費は無料ですが、一部有料プログラムあり。
人気のプログラムは事前予約がおすすめです。詳細は公式サイトへ。
駐車場やレンタサイクルなども充実しているので、
秋の美しい岐阜県飛騨市を訪れてみてはいかがでしょうか。

information

map

ヒダクマ秋祭り2017「森と街をつなぐ」

開催日:2017年10月21日(土)、22日(日)

時間:21日(土)10:00〜21:00、22日(日)10:00〜17:00

会場:岐阜県飛騨市古川町内森のステージ、FabCafe Hida、飛騨市古川町ステージ

住所:森のステージ 古川町の森:飛騨市古川町高野2042-20/FabCafe Hidaステージ FabCafe Hida:飛騨市古川町弐之町6-17/飛騨市古川町ステージ:古川町内各店舗

電話:0577-57-7686

主催:株式会社飛騨の森でクマは踊る

Web:ヒダクマ秋祭り2017 飛騨の森でクマは踊る Facebook

Recommend