colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

藤沢〈久昇〉
相模湾の地の魚が美味しい
割烹居酒屋

たびのみ散歩
vol.012

posted:2015.7.1  from:神奈川県藤沢市  genre:食・グルメ

〈 この連載・企画は… 〉  イラストレーターとして活躍する平尾香が、各地の粋な飲み屋をご紹介。
旅して飲んで、おいしいお酒と肴と人に出会います。

text & illustration

kao.ri hirao

平尾 香

ひらお・かおり●イラストレーター。神戸生まれ、独自の個性を発揮した作風で、世界的ベストセラー「アルケミスト」を始めとする書籍のカバーや、雑誌の挿絵、広告などで活躍。個展も多数開催。現在は、逗子の小山にアトリエを構え、本人の取材やエッセイなど活躍の幅は広い。著書本に「たちのみ散歩」(情報センター出版局)「ソバのみ散歩」(エイ出版社)
http://www.kao-hirao.com/
https://www.facebook.com/Kao.0408.hirao

イラストを拡大

あふれんばかりのお献立に目が泳いで、行ったり来たり。

久しぶりに訪れたその日。開店から1時間後の午後6時。もう店内は満席。
御通し、力強い書体で店名がプリントされた箸袋入りの割り箸、
おしぼりが取り残されたように並ぶカウンターの一番奥が私たちの席。
この美しく盛られた三点盛りのお通しは、電話で予約した人に出されるのです。
まずは、瓶ビールを頼んで、魅力あるお献立(久昇では、メニューをお献立と表記)の
数々へ目を泳がせる。
ビールの到着と同時に、貼られた短冊、席前に置かれた今月のご推薦、
達筆に書かれたそれらから、まずは、1、2品、季節のものを注文。
ビールを注ぎ、乾杯、ごくり。

御通しに箸をのばしつつ、目は、お料理の文字を追いかける。
しっかりとした緑のお品書きのブックを開いてみる。
またまた季節の特選料理、定番の料理と、あふれんばかりに並びます。
昨今の居酒屋風の太文字でもなくペン文字のそれらは、
繊細で、見落としてはいけないと、迷い箸ならぬ迷い品書き。
ページをめくりめくり、行ったり来たり、手元からなかなか放せない私。
その席の後ろでは、それぞれ好みのエプロンをつけたベテランお給仕さんが
行ったり来たり。満席の店内は、大忙し。
ひっきりなしに、オーダーがとられては、厨房に通されて、
おいしそうな品々がカウンター奥横からそれぞれの席へ運ばれていくのです。
何十年も続くであろう光景。お客さんも通い慣れた大人のグループが目立ちます。

次のページ
寡黙なの料理長、熟練した感性の一皿を

Page 2

まずは、運ばれた刺身から。相模湾の地物から、季節の魚介類。
鮮度と細かい仕事を感じられる盛り付けは、
ツマにミョウガや、シソの穂が美しく添えられているのが、うれしいところ。
包丁一本さらしに巻いて~、と寡黙な雰囲気ありありの料理長、熟練した感性の一皿。
揚げ物を担当する料理人も食べることが大好きそうな風格で、
せわしなく働くカウンターの中の様子を見るのも酒のアテ。

このあたりで、ビールから、日本酒へ。
定番のおからに、牛筋煮込み、あげものに、さっぱりとした酢の物……。
食べたいものを、思いのまま注文すると、
カウンターからあふれそうになってしまうので、要注意。
口開けからのお客が帰れば、ふらりと湘南らしい服装のカップルが入って、また満席。
時間とともに、酔いも増して、お店も賑やか。
今宵も割烹居酒屋「久昇」は、大盛況なのでありました。

イラストを拡大

イラストを拡大

Information


map

久昇

住所:神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-2

TEL:0466-23-5003

営業時間:17:00~23:00

定休日:日曜休

Feature  これまでの注目&特集記事