colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

はるばる訪ねたい地産地消の店。
絶品のびらとり和牛100%
〈じゃんけんぽん〉

おでかけコロカル|北海道・道央編

posted:2016.9.1  from:北海道平取町  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

photographer profile

YAYOI ARIMOTO

在本彌生

フォトグラファー。東京生まれ。知らない土地で、その土地特有の文化に触れるのがとても好きです。衣食住、工芸には特に興味津々で、撮影の度に刺激を受けています。近著は写真集『わたしの獣たち』(2015年、青幻舎)。
http://yayoiarimoto.jp

writer's profile

Akiko Yamamoto

山本曜子

ライター、北海道小樽生まれ、札幌在住。北海道発、日々を旅するように楽しむことをテーマにした小冊子『旅粒』発行人のひとり。旅先で見かける、その土地の何気ない暮らしの風景が好き。
旅粒
http://www.tabitsubu.com/

credit

取材協力:北海道観光振興機構

地元ならではの鮮度がおいしい、希少なびらとり和牛。

ジュウジュウいい音とともにテーブルに置かれた
〈びらとり和牛ハンバーグ&カットステーキセット〉(1950円)のお皿には、
ふんわり箸でほどけるほど柔らかな特製ハンバーグと、
肉の旨みがぎゅっと詰まったカットステーキがぎっしり。
どちらも地元ブランド牛の〈びらとり和牛〉を100%使用した、
ここ〈じゃんけんぽん〉ならではの逸品です。

北海道一のトマト出荷量を誇る平取は、まちでつくられる桃太郎トマトや
加工品を〈ニシパの恋人〉ブランドで全国へ発信しています。
もうひとつ静かな人気を集めるのが、
平取の厳しい冬を乗り越えることで肉の旨味が凝縮した
ブランド牛の〈びらとり和牛〉。
頭数が少ないため、なかなか流通していないこの和牛が、
じゃんけんぽんではふんだんに使われています。

ステーキとハンバーグが焼かれていくところ。赤身のステーキは両面を全部焼いて、余熱でじっくり火を通したミディアムレアの焼き加減が絶妙です。

おいしい理由は、鮮度もポイントのひとつ。
びらとり和牛を一頭買いしているお店から、毎日使う分だけを仕入れています。
「冷凍ものは一切使わず、新鮮な肉を使っています。
ストックがないので、売り切れたら終了。
このスタイルは、おいしく食べてもらいたいという父のこだわりですね」
そう語るのは、現在オーナー佐々木幸博さんからお店をまかされている、息子の廣大さん。

トマトがとれる期間いっぱい、10月末までの期間限定〈びらとり丼〉(1180円)。丼にぎっしり入ったびらとり和牛はもちろん、お米、トマト、水菜など野菜まですべてが平取産という、究極の地産地消メニュー。

近郊のトマト農家から「青トマトを使えないか」
という提案から生まれた〈びらとり丼〉は、
ジューシーなびらとり和牛と青と赤トマトの爽やかな甘みと酸味が絡んだ、
季節限定のおすすめメニュー。

じゃんけんぽんのネットショップでも販売している特製ハンバーグの素材は、
びらとり和牛のみでつくられる自慢の一品。つなぎも抑え、甘みもたまねぎだけだそう。
「豚肉を使っていないので、ふわふわな食感になるんです」と廣大さん。
この肉そのもののおいしさを味わってもらうため、塩胡椒のみの味つけで、
ソース別添えのスタイル。むしろソースなしでペロリと完食してしまうおいしさです。

もとは喫茶店だったこのお店をお父さまが買い取って改装。壁の敷居向こうの座敷席はあとから増築したスペース。店名のじゃんけんぽんは、“一度聞いたら忘れない”という理由で、妹さんの学級通信のタイトルを採用。

お店で使うお米、トマトなどの野菜も平取産。
地産地消に力を入れるお父さまの幸博さんは平取出身で、
札幌や東京で飲食店に勤め、故郷で独立。びらとり地産地消の会の会長も務めていました。
じゃんけんぽんは、お店のメニューをびらとり和牛一本に切り替えて、
20年以上経つそうです。

オーナーであるお父さまが体調不良でお休みしているため、お店をまかされている佐々木廣大さん。「10年ほどサラリーマンで全国を飛び回っていましたが、2年前に戻ってきました」

「作り手としても、この和牛は単純においしい。
いずれは独立してびらとり和牛専門の店を出したいと思っています」
そんな夢も語ってくれた廣大さん。
「うちのメニューはボリュームがありますが、
肉の質がいいので胃もたれもしないし、女性やお年寄りでも食べられます。
店を通して、びらとり和牛の魅力をもっと伝えていきたいですね」

山小屋風の三角屋根が目印。店の裏にある自家菜園でハーブ類やズッキーニを栽培しています。ドライブ途中のランチにも訪れたい。

information

map

じゃんけんぽん

住所:沙流郡平取町振内町30-11

TEL:01457-3-3200

営業時間:11:00~14:00(LO 14:00)、17:00~20:00(LO 20:00)

定休日:月曜(祝日はお電話でお問い合わせ下ください)

※駐車場 あり

http://www.jyankenpon-hamburg.com

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ