colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

息を呑むコバルトブルーの海。
絶景スポット〈島武意海岸〉

おでかけコロカル|北海道・道央編

posted:2016.8.25  from:北海道積丹郡積丹町  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

photographer profile

YAYOI ARIMOTO

在本彌生

フォトグラファー。東京生まれ。知らない土地で、その土地特有の文化に触れるのがとても好きです。衣食住、工芸には特に興味津々で、撮影の度に刺激を受けています。近著は写真集『わたしの獣たち』(2015年、青幻舎)。
http://yayoiarimoto.jp

writer's profile

Akiko Yamamoto

山本曜子

ライター、北海道小樽生まれ、札幌在住。北海道発、日々を旅するように楽しむことをテーマにした小冊子『旅粒』発行人のひとり。旅先で見かける、その土地の何気ない暮らしの風景が好き。
旅粒
http://www.tabitsubu.com/

credit

取材協力:北海道観光振興機構

静かに佇む積丹ブルーの美しい入り江

細いトンネルの先に広がるのは、抜けるようなコバルトブルーの海。
晴れていれば、海の底まで見える透明度に驚かされるはず。

積丹半島の東に位置する〈島武意(しまむい)海岸〉は日本の渚百選のひとつに数えられ、
〈ニセコ積丹小樽海岸国定公園〉の一部にあたる美しい入江です。
“シャコタンブルー”で知られる〈神威岬〉からは、車で約30分の距離。
アイヌ語で「シュマ・ムイ」、〈岩の入江〉と呼ばれた通り、
海岸の左にそびえる〈ビョウブ岩〉をはじめ険しく切り立った岸壁と岩が特徴です。

海岸は崖の上にあるため、展望台へは山に向かって坂道を登っていきます。
登りきった駐車場から歩いてすぐの斜面には、
人がすれ違える程度の幅の真っ暗なトンネルの入口が。

海岸へ続くこのトンネルは明治28年、当時北海道の日本海側で最盛期を迎えたニシン漁で獲れたニシンを運ぶために掘られたものだそう。

コバルトブルーだけでなく、エメラルドブルーや紺碧に近い青も見つけられる島武意海岸。
展望台からの素晴らしい眺めはもちろん、静かな波打ち際へも降りてみたいところ。
丸太の階段がついた急勾配の坂道をジグザグと下れば、15分ほどで海岸へ到着します。

海岸へ続く坂道の途中から。美しい青色が近づいてきます。

波に洗われた石の浜。自然保護のためキャンプは禁止されていますが、
清らかな海にふれたり、波打ち際を眺めながらひと休みしたり、思い思いの時間を過ごせます。

1706年に開基した積丹町は漁業で栄えた歴史を持ち、ヤン衆が網を上げる力入れの歌、
沖揚げ音頭と呼ばれる〈ソーラン節〉発祥の地。
浜辺にはかつて使われたニシン番屋の跡も残っています。
夏の時期、エゾカンゾウの花が咲き誇る帰路の坂道は軽い登山感覚の道のり。
歩きやすい靴での訪問がおすすめです。

information

map

島武意海岸

住所:積丹郡積丹町大字入舸町

TEL:0135-44-3715(積丹観光協会)

Feature  これまでの注目&特集記事