colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「豊田商店」で
鳴門の海の幸で干物作り体験!

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.11.17  from:徳島県鳴門市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

太平洋と瀬戸内海、ふたつの海流がぶつかり合う鳴門海峡は豊かな漁場です。
そんな鳴門海峡で穫れた新鮮な魚を使って、干物作り体験ができるお店があります。
干物、鳴門わかめや鳴門金時などの四季折々の海の幸・山の幸を扱っている「豊田商店」です。

魚を背開きにするところから体験。丁寧に楽しく教えてくれるので、初心者やお子さまでもさばけるようになります! 左は体験者、右はスタッフさん。

干物作りの工程は次のとおり。
まず骨に沿って魚を背開きにします。
エラと内蔵を取り除いたら濃度を調整した塩水に1時間浸します。
さっと水洗いして1枚1枚天日に干すこと3時間、
太陽の光をたっぷり浴びた干物の完成です。

天日に干して3時間後、表面に幕が張って味がギュっと閉じ込められたアジ(魚は天候や季節によって変わります)。

干物が出来上がるまでの待ち時間にオススメなのが「焼き・食べコーナー」。
90分200円で自由に使えるコンロが設置されてあるので、
店内に並ぶサバ、タイ、ボウゼなど20種類以上の干物の中から好きなものを購入し、
その場で焼いて食べることができるのです。
「おにぎりの持ち込みもOK!」とのことなので、即席干物定食のできあがりです。

目の前には大鳴門橋が眺められる砂浜が。夏には海水浴も楽しめます。

店舗前すぐの砂浜でのんびりひと休みして待ち時間を過ごすのも良いですね。
自分で作った干物をおみやげとして持ち帰る、
そんなおでかけプランはいかがでしょうか。

information


map

豊田商店

住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂203−2
TEL:088-687-0856
営業時間:7:00〜18:00
※要事前予約
(干すのに時間がかかるため、体験は午前中に)
体験料 大人1000円 子供500円(魚はひとり5匹)
※体験の所用時間は約3時間〜3時間半
http://www.toyota-web.com/

Feature  これまでの注目&特集記事