colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

谷ちくわ商店の「竹ちくわ」は
すだちとも相性抜群!
徳島のおいしい手土産

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.3.31  from:徳島県小松島市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

ウエブマガジン四国大陸 「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

徳島県のソウルフードのひとつに「竹ちくわ」があります。
普通のちくわと何が違うのか? というと、
竹に刺さったままで販売されているのです。

これに慣れてしまっている徳島県民は、
竹に刺さっていないちくわには何か物足りなさを感じてしまいます。
ちょこんと出ている竹を両手で持って、
骨付き肉のごとく、かぶりつくのが基本。
すだちを絞ったり、スダチ醤油を付けて食べるのもおすすめです。

ちなみに、この竹ちくわの起源を辿ると、平安時代末期の源平屋島合戦の頃。
小松島市の漁夫たちが海岸でとりたての小魚の身を練り合わせ、
青竹に巻き付けて焼いて食べていたのがはじまりだと言われています。

竹ちくわ 1本90円。

竹ちくわを製造販売する「谷ちくわ商店」は朝6時からオープン。
奥の工房では竹ちくわも次から次へと焼かれ始め、一日約3000本つくられるそう。
(ほかの練り物は朝4時頃から製造されています)
谷ちくわ商店店頭のほかに、県内各地のスーパーマーケット、土産物売り場で販売されます。

朝からさまざまな種類の練り物が並びます。「かつ天」は1枚90円。

取材へうかがったときも朝7時から、
「ちくわ10本入りを5つ頂戴〜!」とお客さんが来店していました。
県外への方へのお土産として購入されたようです。

谷ちくわ商店では、竹ちくわのほかにも
こちらも徳島のソウルフード・フィッシュカツ(かつ天)も製造販売されています。
ぜひセットでご堪能ください。

information

map

谷ちくわ商店

徳島県小松島市横須町3-59
TEL 0885-32-0867
営業時間 6:00〜16:30
定休日 不定休
http://www.tanishouten.co.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事