colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

毎月最終日曜日は
「とくしまマルシェ」へ。
徳島のこだわり食材が勢揃い!

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.3.31  from:徳島県徳島市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

毎月最終日曜日、徳島市の新町川沿いの遊歩道に
爽やかな白いパラソルが立ち並び「とくしまマルシェ」が行われます。
徳島県内でも選びぬかれた生産者が集まって、直接販売をするこのマルシェでは、
新鮮な野菜はもちろん、ドレッシングやジャムなどの加工品や、
パンやスイーツなども並びます。生産者と直接話ができるので、
それぞれのこだわりやお勧めの調理方法などを聞いているとあっというまに時間が経ちます。

徳島県は豊かな吉野川、急峻な剣山、太平洋や瀬戸内海と地形に恵まれているため、
このマルシェには多種多様な食材が揃い、まさに食の宝庫を実感できます。

「黄身の色が淡い卵は餌に米を使っているから。味は普通のものより甘みがあります。
養鶏の仕事は10年やってもまだまだ奥が深いです」と、
「たむらのたまご」の田村桂樹さんは語ります。
餌を変えることで風味を変えた3種類の卵と、
卵を使った加工品はひときわ目を引いていました。

販売を楽しみながら、商品のアピールをしていたのは、
徳島市の「徳島有機ファーム」の三栖谷耕一さん。
有機JAS認定を受けたほうれん草やチンゲンサイを販売しています。
「栄養価の高い、きちんとした土作りが有機栽培のポイントです。
土作りについていくらでも語れますよ。
一度味を試していただけると、お客さんがファンになってくれます」

県南の地魚の燻製を販売していた「日和佐燻製工房 浜吉水産」の濱真一さんは、
「山桜の原木を使って燻したスモークは、お魚が苦手なお子さんも食べやすい、
お肉のような味になります。とくしまマルシェのお客さんは
新しいものを受け入れてくれる雰囲気があり、励みになっています」
と熱く語ってくれました。

なかでも人気なのは「お届けマルシェ」。
事務局がマルシェ当日に届いたおすすめの旬野菜や加工品を、
セレクトしてくれる詰め合わせセットです。
「とくしまマルシェ」の魅力がぎゅっと詰まっており、
特に関東地方からの注文が多いそうです。

その発送拠点も兼ねて、
2014年1月に「とくしまマルシェHOME」というアンテナショップもオープン。
とくしまマルシェ出店者がつくる旬野菜や様々な加工品を販売しており、
月に一度のとくしまマルシェに行けない方は、
こちらで選びぬかれた徳島の味をおみやげとして選んでみてください。

「とくしまマルシェHOME」。

infomation


map

とくしまマルシェ

開催日 毎月最終日曜日 9:00〜15:00
場所 しんまちボードウォーク+徳島水際公園(徳島県徳島市東船場町1〜2 丁目)
問い合わせ 088-657-0052
http://www.tokushima-marche.jp

infomation


map

とくしまマルシェHOME

住所 徳島県徳島市東船場町2-31 吉成ビル1F
TEL 088-657-0052
営業時間 11:00〜19:00 日曜・祝日休

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend