colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

潮待ちの港の歴史を新たに紡ぐ
「鞆 肥後屋」

おでかけコロカル|しまなみ編

posted:2013.11.28  from:広島県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

ディスカバーリンク
せとうち

ディスカバーリンクせとうちは、新たなまちの魅力を観光へとつなげ、まちに事業と雇用を創出し、せとうちの未来を育てていくことを目的としています。歴史的建造物を再生し、暮らすように愉しむ空間を提案する“町家宿プロジェクト”や、世界共通言語のデニムで広島県備後地方の繊維業を活性化させる“尾道デニムプロジェクト”、自由な学びの場を展開する“尾道自由大学”など、多様な切り口のプロジェクトを展開しています。
http://www.dlsetouchi.com

credit

text:まやはらとみこ

福山市鞆の浦と言えば、古くから鯛網で有名な港町。
最近では、「崖の上のポニョ」など、映画の舞台としても知られる。
そんな鞆の浦にあるのが、江戸時代から続く旧家を改装した鯛味噌専門店「鞆 肥後屋」。
鯛味噌と聞くと、少し甘めで、ジャムのような瓶詰をイメージを持っていたのだが、
ここ「鞆 肥後屋」のそれは、勝手なイメージを、あっさりと覆してしまう逸品だった。

上品なパッケージは贈り物にも最適!

ここで販売されているのはいずれも地元の食材にこだわった
「鯛味噌赤」「鯛味噌白」「鯛胡麻煮」の鯛味噌3種類と、「生海苔佃煮」「焼き海苔」「特撰いりこ」。
店内には、ゆったりと食事が出来る和室があり、おしながきは「鯛味噌ご飯」の1品のみ。
3種の鯛味噌・生海苔佃煮・焼き海苔・鯛の漬けを、お櫃に入ったご飯とともに味わうことができる。

まずは、3種の味噌から好きなものをご飯に乗せていただく。
次に、ほんのり香ばしいほうじ茶をかけてお茶漬けにし、
鯛味噌がほどけていくのと同時に、サラサラと口に流し込む。
思わず、お櫃からご飯をおかわり! 
瀬戸内海の穏やかな海流で育まれた真鯛が、「備後府中味噌」でじっくりと煮込まれており、
上品な酸味とまろやかさに、ついつい箸が進んでしまう。

食材にこだわって作られ、上質感の漂う箱に収められた鯛味噌。
老若男女どなたにも喜ばれる贈り物として、鞆の浦の名物となる日も近いだろう。

information


map

鞆 肥後屋

住所 広島県福山市鞆町鞆595
TEL 084-970-5780
営業時間 10:00〜17:00 (お食事/11:00〜15:00)
定休日 水曜日
駐車場 なし
http://www.tomohigoya.dlsetouchi.com/

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ