colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

オールハンドメイドの、町のシャツ屋さん。
「COMMUNE」

おでかけコロカル|滋賀編

posted:2013.7.25  from:滋賀県彦根市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Momoe Kano

狩野桃江

かの・ももえ●滋賀生まれ、滋賀育ちのうさぎ年。東近江市在住。『びわこの東のすてきなところ』著者。「くらしの中のちいさなたのしみ」をお届けする、滋賀・湖東発のフリーペーパー『ハピネス』の制作者でもある。

シンプルな店構えと、入り口のガラス越しに店主・久米さんが
黙々と作業されているところをみると、入るのをためらってしまう人も多い。
言わずもがな私もそのひとり。それまで何度か前を通ったことはあって、
「なんだか滋賀には珍しいかっこいいお店があるなぁ」と思っていた。
でも中をじっと見るわけにもいかず「服がある」ということしかわからないまま。

その後きっかけがあってシャツ屋さんだと知り思い切って入ってみれば、
寡黙な職人さんではなく、なんとも気さくで話上手なお兄さん。
シャツを買うだけじゃなく、話をしにやって来る人が多いのも納得。
お客さんの対応も、小さいスペースだと特にお店の人の視線が気になるけれど、
それを感じさせないフラットさはさすが。

お客さんも友達も、いろんな人がやって来る。
そんなこともあってか、いつのまにか話しながら縫えるようになったそう。
もちろん手を抜いているわけではなく、「つい自分にもできるんじゃないかな?」
と見ているこっちが思ってしまうほど、流れるようにスムーズに作業をこなしていく。
意識ではなく手が勝手に動くくらいの感じなのだそうだ。
ちょっと話をしている間に、さっきまでバラバラだったものがシャツの形になっていく。
細かい作業の連続で、それをさらりとやってしまうところは見ていてとても気持ちがいい。

決して広くはない店内で、型紙をひいて、生地の裁断、
縫製、ボタン付けまで全ての行程が行われている。
そうして話をして、作られている場所を知ることで、一着の服にとても愛着がわいてくる。

COMMUNEのシャツは、シンプルだけど細かいところにちょっとしたしかけがあったりする。
前立てがパッチワークになっていたりして、「かわいい!」というお客さんもたくさんいる。
そういうさりげない感じがくすぐられるんだなぁと思っていたら、
「そういうところもいいけど、結局は着心地やからね。
デザインで『おっ』って思って手に取ってもらえたらいいねん」
と、おっしゃっていたのが印象深かった。

はじめはセレクトショップをして、好きなものに囲まれたいと思い
「売るんやったら構造知ってたらお客さんに説明できるな」と服飾の学校へ。
その頃から一番よくシャツを作っていて、こうだったらいいなと直したりしていたそう。
ずっと飽きないし、年をとっても着られるしと、
自然とお店をするなら「シャツ」と思うようになった。

「シャツ買うんやったらあそこ行こうかなーって。
欲しいなーと思ったら思い浮かぶようになりたい」と久米さん。
「次の世代になっても、おとんがここで買ってたしここで買おか、ってなったらいいな。
今、親と一緒に来る子どもが大きくなって来てくれたらおもしろいな」

Information

map

COMMUNE
コミューン

住所 滋賀県彦根市本町1-11-9 1F
TEL 0749-26-2027
営業時間 11:00 ~ 19:00
水曜休(臨時休業あり)
駐車場 有
http://www.commune-works.com/

Tags  この記事のタグ

Recommend