colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

“美味しい” “心地いい”。素直にそう感じられる
大人のバー「BAROSSA cocktailier」

おでかけコロカル|岐阜編

posted:2013.7.23  from:岐阜県岐阜市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

a un編集室

あ うん

岐阜市にて、岐阜まちなか再発見フリーマガジン『a un』を制作。名前の由来は、「読者のみなさんとあうんの呼吸で気持ちが通じ合えるように」との思いから。3・6・9・12月下旬の年4回発行。JR岐阜駅高架下アクティブG、まちなかの商店、公共施設などで設置・配布中。編集室おすすめのお店情報をまとめた可愛い本『岐阜さんぽ』(樹林舎)も好評。
http://aun-web.com/

岐阜にあって全国の客が訪れる「BAROSSA」。
「充足感を提供したい」と、バーテンダーの中垣繁幸さんは語る。
客は中垣さん夫妻と会話を交わしながら、穏やかな時の中で酒を嗜む。
すると、至福がここにあるのを知る。

その理由のひとつが、“美味しさ”を究めたカクテル。
代名詞の「モヒート」は、発祥や愛され方などを文献から紐解いた。
本場キューバのミント、イエルバ・ブエナを岐阜の生産者に特別栽培してもらい、
キューバのラムで仕上げる。
非常に爽やかで、サトウキビ酒の余韻が絶妙だ。

「モヒート」 1000円

常に研磨を続ける中垣さんは、
天然のものだけで組み立てる自然派カクテルや
真空調理器を用いた製法も提唱。しかし、
「日本のバーテンダーの伝統を深く追求するから、新しいこともできる」
と、軸足はぶれない。

「満足していただくためなら何にでも挑戦したい」
と、真摯に客と向き合う。そのため入店は1組3名まで。
職場からの帰路、自分を静かに取り戻したい時、世界の酒を楽しみたい時。
ここに辿り着いた幸福に、きっと感謝する。

カクテルブックにも掲載されているオリジナルカクテル「ヴェールダンス」。2000サントリー ザ・カクテルコンペティション最優秀賞。1,000円

フルーツトマトが美味しい初夏におすすめ。「ブラッディ・メアリー」 1,000円

「バーは世界中で楽しまれていて、世界中のお酒とカルチャーが融合するコスモポリタン(世界的価値観)な場所です」と語る中垣さんは、バーテンダー歴27年。世界最大のバーテンダーコンテストにおいて2年連続で日本のトップ3に選出された。欧風料理とワインを気軽に楽しめる地階の『バル・バロッサ』も経営。

Information

map

BAROSSA cocktailier
バロッサ コクテリエ

住所 岐阜県岐阜市金宝町1-12 PORT-A 2F
TEL 058-263-1099
営業時間 19:00 ~ 翌1:00(OS 0:30)
月曜休
※チャージ 1,000円
http://worldcocktail.com/

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend