colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

そばもラーメンも出世する!
「夢のかき揚げ」

おでかけコロカル|青森編

posted:2013.7.9  from:青森県弘前市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

まるごと青森

「おいしいもの好き」「旅行好き」「健康にいいもの好き」。りんごとねぶたと十和田湖と雪ぐらいしかイメージが湧かないなどといわれる(こともある)青森で、そんな「△△好き」の方々のココロに届く情報を青森側から案内するために、2005年3月にスタートしたブログ。取材と執筆を担当するのは、若干ヘンな部分も、ストレートに素晴らしい部分も含めて、青森を愛する匿名のメンバーたち。「凄い素材」をみつけるたびに、青森のポテンシャルを日々実感中。
http://marugoto.exblog.jp/

ふんわり軽くて大ぶりの天かすを丸く成型し、
小さい素干しエビをちょこんと乗せたこちら。
その名は「奥様の料理の友 夢のかき揚げ」。
発売から40以上熟れ続けている、青森ではお馴染みのロングセラー商品です。
子どもの頃、鍋焼きうどんにトッピングしていたなんて青森県人も相当に多いはず。
これが乗っていると贅沢な気分になるので、
子どもにとっても、まさに「夢の」かき揚げ、なのです。

青森県人、実はかき揚げをラーメンに乗せる!?

例えば「津軽百年食堂」としても有名な、
「亀乃屋」(五所川原市の立佞武多の館の裏にあります)の名物に、
「天中華」というメニューがありますが、
それにもホタテの貝柱を使ったかき揚げが乗っているし、
弘前中央食品市場内にある「中華そば山田」でも、
トッピング用にちょこんと野菜を乗せたかき揚げが用意されていたりします。

そう、かき揚げをラーメンに乗せるというスタイルは、
青森では思いのほかメジャー。
これをスープにじっくり浸して、天かすの甘味ごといただけば、もう最高!
あっさりとした、でも輪郭のはっきりした煮干ダシのスープなので、胃もたれもしません。

しかも、ほぼコロモのみ!?

一般的に「かき揚げ」といえば、
ごぼうや玉葱、そして人参などの野菜や海鮮などの具を、
小麦粉のコロモでまとめて油でカラリと揚げたもの。
しかし青森の「かき揚げ」の多くはコロモがメイン
(となると衣というべきなのかわかりませんが……)。
コロモ揚げの上に具がちょこんとトッピングされているのです。
県内には似たようなかき揚げを製造しているメーカーが数社あり、
ほとんどのスーパーで見かけます。しかもどれも100円以下と、とってもリーズナブル。

「夢のかき揚げ」を製造しているメーカー、三福製麺さんによれば、
「40年前の製造当初の天ぷらとは違い、ふわっとすぐ溶けるように天かすをまとめた、
奥様にとっては夢のような新しいかき揚げなのでこのネーミングにしました。
当初から変更した点は、真っ赤なベッコウエビを軽くて香ばしい素干しエビに替えた点のみ。
今では年間9,000枚以上を製造する定番のヒット商品になっています」とのこと。
製造当初のまま変わらない素朴な「かき揚げ」。
青森県人の記憶の中にある小さな贅沢の味は、大人になった今でも変わらず贅沢品です。
県内のスーパーでみかけたら、おみやげにぜひ!

information

株式会社 三福製麺

「夢のかき揚げ」をつくり続けて40年以上!
TEL 0172-52-3325
http://sanpukuseimen.co.jp/

information


map

中華そば山田

住所 青森県弘前市土手町85-1(弘前中央食品市場内)
TEL 0172-35-0144(市場代表)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ