colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

オリジナル調味料が美味しい!
「中国四川料理 きりん」

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.10.17  from:長野県長野市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
おでかけコロカル ch.books

白を基調とした上品な内装は、
女性ひとり客の味方です!

2004年8月開店以来、着実にリピーターを増やしてきた
中華料理店「中国四川料理 きりん」。
昼時ともなれば、あっという間に席が埋まるほどの人気店です。
そのひみつは、厳選した調味料を独自にブレンドするなどして完成する、
斬新かつオリジナリティあふれる味にあり!
(あ。お値段がとっても“気軽”というのも、実は大きな理由のひとつかも)
店内は白を基調とした上品な雰囲気で、カウンター席もあり、

女性ひとりでも落ち着いた気分で食事の時間を堪能できます。

おすすめは麻婆豆腐!
リピート必至のオリジナリティ!

気になるランチの定番は見るだけで汗出る赤さの「麻婆豆腐定食」(800円)。
ひと口食べると、まずは山椒と唐辛子の
ピリっとした辛さが舌を刺激し、
その後、次第に豆板醤やひき肉の香りと甘みが口全体を
覆っていく辛さとうま味の時間差攻撃。
市販のラー油ではなく、大豆油、唐辛子、桂皮、八角などをブレンドした、
オリジナルの調味料で作られるこの麻婆豆腐、
ただ辛いだけではなく、
深みも厚みも丸みも兼ね備えた、リピート必至の美味しさ。
もしかしたら、旅行の予定を変えてでも、
味わっておきたいおすすめの一皿です。
店主の市之宮隆茂さん自ら「毎日食べても飽きないほどおいしい」と語るのは、
日替わりの料理2品とお酒が付いた「晩酌セット」。
これでお値段1300円。どのメニューも気軽な料金設定もうれしいポイントです。

information


map

中国四川料理 きりん

住所 長野県長野市中御所1-15-18
TEL 026-225-1519
営業時間 11:30~14:00(L.O.)、17:30~21:00(L.O.)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ