colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

町家から生まれる人とのつながり、
新しい風。「尾賀商店」

おでかけコロカル|滋賀編

posted:2013.6.27  from:滋賀県近江八幡市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Momoe Kano

狩野桃江

かの・ももえ●滋賀生まれ、滋賀育ちのうさぎ年。東近江市在住。『びわこの東のすてきなところ』著者。「くらしの中のちいさなたのしみ」をお届けする、滋賀・湖東発のフリーペーパー『ハピネス』の制作者でもある。

尾賀商店は、2007年11月、情緒あふれる近江八幡の街並の一角に
オープンしたshop&gallery。
現在は4つのお店と貸しスペースから成り、
地元の人も、観光客もいろいろな人が訪れる。

オープンから、お店や人が入れ替わり、
それだけひとやもののつながりも生まれてきた。
2011年の3月にはリニューアルオープン。
イベントや展示も毎週のように行われている。
古い建物で、新しいものに出会う。
心地よい空間で、ゆっくりした時間を過ごしませんか。

咲sacra楽gallery

店内のところどころにも作品が並び、尾賀商店自体がギャラリーのよう。
店主・長田さんは、ものにもひとにも惚れ込んで作品を選ぶ。
草津でクラフトショップを始め、節目を迎えた11年目から尾賀商店でギャラリーショップを。
奥の白いギャラリースペースでは、作家さんをクローズアップして、展示も行われます。
http://www.craft-sacra.com/

BOND YARD

入って左手に進んだ扉の向うにあるのは、
鉄を扱う店主・古道さんの工房でありギャラリー。
溶接の体験もできる。本拠地は日野で、
そちらでは鉄を伸ばしたり曲げたりすることが多く、ここでは溶接が主だそう。
壁一面にきれいに並んだ道具もとてもかっこいい。
「ちょっと変わったものを」とおっしゃる通り、
おもしろい作品をいろいろ見ることができます。

ハンコと書 江湖庵

庵主・齊藤さんはハンコ屋さんの3代目。
本店は八日市にあり、この場所には水曜と日曜に在店。
町家づくりの建物と相まって着物姿がよりいっそう映える。
ハンコを作るときは、お客さんと話をしていく中で、イメージを膨らませる。
「親が一番最初にプレゼントするのが名前。
一生使ってもらえるものをと思っています」
http://www.koukoan.com

古代米 すいらん

魚を捌く手つきも鮮やかな店主・杉本さんは和食の料理人。
お店をするときはお米を、とメニューには古代米(黒米・赤米・緑米)も使われる。
ご飯ぱんやお米のしふぉんなどスイーツもこだわる。
他にないものを作りたい。食べたら美味しかったらいいと、
めずらしい組み合わせや素材で、いろいろと作られています。
http://suiran.shiga-saku.net/

Information

map

尾賀商店

住所 滋賀県近江八幡市永原町中12
TEL  0748-32-5567
営業時間 11:00 ~ 18:00
木・金曜休
駐車場 5台
http://oga-showten.com/

Feature  これまでの注目&特集記事