colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

いまだけ! 酒どころ・新潟の
〈今代司酒造〉でとれたての
やわらか酒粕〈冬粕〉販売中

コロカルニュース

posted:2015.12.11  from:新潟県新潟市  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

酒どころ・新潟。
新潟駅から徒歩15分のところに、
日本酒やみそなど、醸造と発酵食の町として知られる
“沼垂(ぬったり)”にある酒蔵、〈今代司酒造〉。
ここは、醸造アルコールの添加を一切行わない、
全国でも珍しい全量純米蔵。
仕込み水は天然湧水を100%、
お米は全て新潟で採れたお米を使用
創業1767年。全量純米仕込みで酒造りを行っています。

お酒を貯蔵するタンク

そんな〈今代司酒造〉さんでは、事前申し込みで
酒蔵見学が可能。
明治三十年頃に建てられた、趣のある蔵の中で、
お酒が出来るまでの工程や蔵に関するお話を聞いて、
酒造りの現場を見学することが出来るんです。

見学に訪れたわたしは、ある作業に釘付けになりました。
それは、〈酒粕〉を採る作業。
そもそも酒粕とは、日本酒をしぼった後にできるかす。
〈ヤブタ〉と呼ばれる自動圧搾機に醸造された日本酒を入れて、
綺麗にお酒と酒粕を分けます。
自動圧搾機のなかには、何十枚もの布が貼られた板が吊るされています。
このときにもろみがしぼられることで、板状の酒粕が出来上がるのです。

こちらが酒粕を採取する作業場

酒粕をはがす道具

見事な板状!

酒粕は通年販売されていますが、
しぼりたての酒粕が買えるのは、日本酒をしぼる12月から2月中旬ごろまで。
他の時期は、熟成された酒粕が販売されているんです。
熟成はコクがありますが、しぼりたてのほうは
香り高くやわらかで、風味豊か。
搾りたてのお酒のような、フルーティな香りがふんわり立ち上ります。
火鉢の網であぶって、砂糖をのせて食べたり、
甘酒にしたり、ココアにいれたりしても!
栄養豊富で美容と健康にも良いんです。
お値段は810円(税込)。
通信販売も可能です。

これが生の酒粕!

次のページ
合わせて訪れたい味噌蔵〈峰村商店〉

Page 2

〈峰村商店〉

この今代司酒造さんを尋ねたら、合わせて訪れたいのが
斜向かいにある越後味噌・味噌漬製造元の〈峰村商店〉。
店内にはおいしい味噌やオリジナルの出汁パックなど、
おみやげにぴったりな食べ物がたくさん売られています。
ぜひお試しいただきたいのが、
新潟産のこしひかりと味噌漬をオリジナル出汁で
食べられる、お茶漬けの試食。
出汁の旨味に、思わず声がでます!

お茶漬けの試食ではご飯をよそってくださいます

これに出汁をかけて食べます!

そのお隣にある、
糀ドリンクのショップ&カフェ〈古町糀製造所〉もぜひチェックを!
発酵のまち、沼垂にはおいしいものがいっぱいです。

今代司酒造株式会社

住所:新潟県新潟市中央区鏡が岡1番1号

TEL:025-244-3010

Feature  これまでの注目&特集記事