colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

地形保全と地域の活性化を担う
「世界ジオパーク」に北海道
「アポイ岳」認定、
高知県室戸も再認定

コロカルニュース

posted:2015.9.20  from:高知県室戸市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

連休まっただ中、お出かけの方も多いのではないでしょうか。
近頃注目を集めるのが「ジオパーク」。
ジオとは地球のこと。自然の地層や地形など、
世界的に重要な地形や地質を含む、自然公園の一種です。
ただいま日本では「洞爺湖」、「有珠山」、「糸魚川」、
「山陰海岸」などが世界ジオパークに認定されています。

室戸半島

ただいまそんなジオパークのシンポジウム「アジア太平洋ジオパーク
ネットワーク山陰海岸シンポジウム」が鳥取市で開催。
2015年9月19日(土)、北海道の「アポイ岳」が新しく認定されたほか、
高知県の室戸半島に位置する室戸市全域を範囲とする
室戸ジオパーク」が再認定されました。
世界ジオパークは4年に1度、認定の再審査が行われています。
「ジオパーク」の概念は、実は地形や地質の保全だけではありません。
その土地の文化や歴史、生態系も対象としており、地域の活性化や教育など、
地域社会の持続可能な発展に取り組む地域が認定されるんです。
室戸世界ジオパークでは、
いったいどんな取り組みがされてきたのでしょうか?

室戸半島

室戸ジオパークが世界ジオパークに認定されたのは
2011年9月のこと。
室戸の凄さは、プレートテクトニクス理論を初めて陸上で
証明した土地であること。
現在も、1,000年で平均2mという驚異的な速度で
地面が隆起し続ける地殻変動の最前線であり、
地球のダイナミックな営みによって生じた地形や地質を目前で
観察することができます。
また室戸で見ることができるのは、激しく変動し続ける大地と
ともに生きる人々の営みや歴史。
室戸の伝統的建造物もジオパークの一部で、
現地では地元のボランティアの方が
建造物と地形との関係を教えてくれます。

吉良川まちなみサイト(文化遺産ゾーン)

次のページ
ジオパークの拠点施設「室戸世界ジオパークセンター」

Page 2

廃校になった中学校を改修したジオパークの拠点施設「室戸世界ジオパークセンター」

今年4月29日には、廃校になった中学校を改修した、
ジオパークの拠点施設「室戸世界ジオパークセンター」がオープンしました。
ここは入館料無料。
地形の成り立ちや地域の文化についての情報提供や、
ガイドツアー、体験プログラムの案内などを行っています。
オープンから4カ月後の今年8月29日には、入館者が5万人を突破しました。

「室戸世界ジオパークセンター」の内部

ほかにも、地元をあげて「ジオパーク」に取り組む室戸市。
「室戸高校」では、2011年から授業の選択科目で「ジオパーク学」を開講。
外部から専門家を招いての講義や現地調査、
観光客へのガイドなどを継続して行っているのだそうです。
地形・地質の保全のためには、地域の開発管理や、
持続的な地域社会の発展も不可欠。
ジオパークの取り組みは今後ますます注目を集めそうです。

室戸ジオパーク

Feature  これまでの注目&特集記事