colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

山内鮮魚店×いわて蔵ビール
「海鞘エール」が復活!
宮城・南三陸発、
海のパイナップルこと
「ホヤ」エキス入り

コロカルニュース

posted:2015.8.25  from:宮城県本吉郡南三陸町  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

まるでエイリアンのようなルックスと、
濃厚な海の味。昔から三陸で食べられている、
「海のパイナップル」こと、「ホヤ」。
コロカルでも以前、炊き込みごはんのレシピをご紹介しました。
宮城は全国8割を占めるホヤの一大産地なんですよね。

これがホヤです!

そんなホヤが、なんとビールに入っちゃいました!
岩手県一関市の「いわて蔵ビール」と、
宮城県南三陸町の「山内鮮魚店」とコラボレーションによる、
「三陸の海蛸(ホヤ)エール」です。
これは、東日本大震災で大きな被害を受けた、
日本一のホヤ生産地・三陸の復興プロジェクト。
このコラボレーションでは、山内鮮魚店が、宮城県産の真ホヤを、
水揚したその日にいわて蔵ビールにお届け。
醸造段階でホヤの煮汁を麦芽・ホップと一緒に煮込みます。
さらにホヤ殻を洗浄して網に入れ、醸造タンクに沈めて成分を抽出する
というホヤづくし。
2010年に販売以来、一時製造が途絶えていましたが、
南三陸ホヤの復活と共に醸造を再開しました。

そうして出来上がったのは、エールビールに、
ホヤの独特な磯の香りとうまみをのせつつ
少しスモーキーな香りがする、
炎のように赤いホヤ色のビール。
刺身や酢の物、燻製などのホヤ料理にはもちろん、
肉にもよく合うのだそう。
もともとお酒のおつまみに重宝されるホヤなので、
ビールとの出会いは必然だったのかも、、。

次のページ
牡蠣の黒ビールから始まった絆

Page 2

山内鮮魚店「津波の被害から復活しつつあります」

酒蔵を改築した「いわて蔵ビール」工場

いわて蔵ビールと山内鮮魚店の繋がりは、震災前に、
「オイスタースタウト(牡蠣の黒ビール)」の醸造を請け負って以来。
山内鮮魚店は南三陸町で60年以上続く鮮魚店ですが、
2011年3月11日の東日本大震災で会社家屋のすべてを失い、
ゼロから再出発。2015年の8月下旬には、
震災で失った工場が再建され、ようやく新工場が立ち上がります。
「三陸の海蛸(ホヤ)エール」の販売数は3,000本限定。
お買い求めはオンラインショップにて。

■「三陸の海蛸(ホヤ)エール

販売先:山内鮮魚店 店舗(TEL:0226-46-2159)

1本597円/330ml

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店