colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

滋賀県・比叡山延暦寺に
ゲゲゲの鬼太郎がやってくる!
〈ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の
七不思議展〉

コロカルニュース

posted:2019.9.25  from:滋賀県大津市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

比叡山延暦寺

ゲゲゲの鬼太郎と延暦寺の妖怪がコラボレーション!

境内が真っ赤に染まる秋の滋賀県・比叡山延暦寺。
ここで、10月12日(土)より〈ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の七不思議展〉が開催されます。

伝教大師1200年大遠忌を記念し、
国の登録有形文化財に指定され、通常非公開となっている
大書院を特別に公開するかたちで行うこの展覧会。

日本仏教の母山と言われる天台宗総本山・比叡山延暦寺。
天台大師の教えを日本に伝え、教え広めた伝教大師・最澄によって
開かれたことで有名ですが、最澄が亡くなって令和3年で1200年経ちます。

比叡山延暦寺では、その1200年の大遠忌に際して、
平成24年4月1日から令和4年3月末日までの10年間で
さまざまなプロジェクトを実地。

今回は比叡山延暦寺に古くから伝わる七不思議にちなみ、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』 に
登場する妖怪などが描かれた約20作品の日本画が展示されます。

手がけたのは、約500年前から桃山時代京都所司代後豊臣政権の
五奉行にあたる前田玄以を先祖に、代々伝わる文献を基に
織や染めなどに着眼し復元と創作を行っている京都の工房・豊和堂の
アートディレクター兼絵師の山田晋也氏と友禅絵師の平尾務氏。

紅葉見学に訪れた鬼太郎と目玉おやじとねずみ男が、
この山に伝わる七つの不思議な噂を耳にし、
噂の場所を巡りながら、比叡山の妖怪達に出会うという
ストーリーから着想を得た作品が展示されます。

次のページ

Page 2

気になる作品はというと、以下のようなもの。

『一文字狸』

『一文字狸』出没場所:西塔・にない堂

素直になれない性格をなおしたい思いで、
たぬきの彫刻をはじめた修行僧真弁(しんべん)。
彼のところに、真っ白な眉毛を一文字にひいた大狸が現れ一言言い放ちます。
「自分のためでなく、仏に仕える身として仏道修行のために
千体を彫る願をたてるなら、助けてやろう」
それから僧真弁は一日の行が終わるたびに一体を彫り、
7年目の満願のとき、千体の狸もできあがったと言います。

『一つ目小僧』

『一つ目小僧』出没場所:東塔・総持坊

延暦寺会館から西廻りに蓮如堂を経て
根本中堂に至る途中にある総持坊という修行道場。
ここの玄関に掛けられている一つ目と一本足で右手に
鉦かねを持った奇怪な僧の絵。これは、元三大師良源の
弟子であった慈忍和尚の姿で、死後、
比叡山の戒律を守るため幽霊になったものなのだそうです。
夜になると、この姿で鉦をたたいて比叡山をまわり、
不心得な僧たちを懲らしめるのだそう。

会場では、個性豊かな妖怪たちに出会えるスタンプラリーも。
5か所に設置された”妖怪印”をすべて集めると、
記念品のオリジナルしおりがもらえます。

ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の妖怪たち。
この展覧会のために描き下されたとっておきの作品を
ぜひ延暦寺の洗練された空間の中でお楽しみください。

information

map

ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の七不思議展

会期:

前期 2019年10月12日(土)~10月31日(木)

後期 2019年11月6日(水)~12月8日(日)

営業時間:10:00~16:00 ※拝観受付は15:30まで

会場:比叡山延暦寺 大書院 滋賀県大津市坂本本町 4220

拝観料:大人・中高生 1000円、小学生以下 無料

※拝観料は当日大書院にて受付。拝観料以外に延暦寺巡拝料が別途必要。

特典:先着1000名にコラボレーションポストカード1枚プレゼント

Web:https://www.hieizan.or.jp/archives/3966

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ