colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

茶葉をまるごと食べる!
期間限定・こだわりの
お茶漬けスタンド〈東京茶寮〉
オープン

コロカルニュース

posted:2018.4.30  from:東京都世田谷区  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

東京・世田谷にある、世界初のハンドドリップ日本茶専門店
〈東京茶寮〉。以前コロカルでもご紹介しました。
このたび、2017年1月のオープンから1周年を迎えた〈東京茶寮〉が、
2018年4月28日(土)〜5月27日(日)の1ヶ月間限定で、
〈お茶漬けスタンド 東京茶寮〉になります!

お茶漬けといえば「家庭で食べる軽食」の代名詞ですが、
近年はお茶を使用しない「だし茶漬け」が主流となっています。

日本茶にもっと日常的に親しんでもらいたいと考える〈東京茶寮〉は、
お茶の風味を活かした本格的な「お茶漬け」を現代の
ライフスタイルに沿って提案したいと考えていたことから、
このたびの“お茶漬けスタンド”が誕生しました。

■柔らかい茶葉をまるごと食べるお茶漬け

お茶屋の本格茶漬け 左から鰻、鮭、帆立

お茶屋の本格茶漬け 左から鰻、鮭、帆立(各税込500円)

日本茶にこだわる〈東京茶寮〉のお茶漬けは、まさに「食べるお茶」。
やわらかい新芽のみを集めて作られた碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉を
たっぷりとふりかけています。芳ばしいお茶の香りに、食欲も進みます。
ラインナップは鰻(うなぎ)、鮭(しゃけ)、帆立(ほたて)の3種類。
価格はいずれも税込み500円です。

柔らかい茶葉をまるごと食べるお茶漬け。左は鰻、右は定番の鮭

次のページ
ドリップしたお茶をかけるレシピも

Page 2

ハンドドリップした日本茶でお茶漬け

ハンドドリップ日本茶

また〈東京茶寮〉ならではなのが、ハンドドリップ日本茶を追加注文(+150円)
すると、ドリップしたお茶をかけて作るレシピで作ってくれること。
碾茶を煎茶で抽出することで渋味の層が厚くなり、
深みのある茶漬けを堪能することができるのだそう。

ハンドドリップ中

■テイクアウトもOK

テイクアウトもOK

テイクアウト用の器もおしゃれ

お茶漬けはテイクアウトでの提供もOK! 価格はイートインと同価格です。
この本格茶漬けは、毎日、お米がなくなり次第終了。ご来店はお早めに!

information

map

お茶漬けスタンド 東京茶寮 (1ヶ月限定)

期間:2018年4月28日(土)〜5月27日(日)

住所:東京都世田谷区上馬1-34-15

営業時間:13:00〜20:00(19:00 L.O.)、土・日曜・祝日 11:00〜20:00(19:00 L.O.)

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

Web:東京茶寮公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ