colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈アサヒ〉
独自の乾燥技術が日田杉を
3世代家具に変える。

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.059|Page 1

posted:2015.3.18  from:大分県日田市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

text & photograph

Yuichiro Yamada

山田祐一郎

やまだ・ゆういちろう●日本で唯一(※本人調べ)のヌードル(麺)ライター、フリーライター。製麺工場の長男として福岡で生まれ、主に麺を食べて育った。うどん・そばにおいては専門書にも連載を持つ。全国の麺の食べ歩きを記録するwebサイトを連載中。
http://ii-kiji.com

アサヒからつながる大分の森のはなし

別府、湯布院という全国的な知名度を誇る観光地を有する大分県。
森林面積は約45万3000ヘクタールあり、県土の71%を占める。
そのうち人工林は53%、天然林が38%となっており、
この豊かな森林資源は木材の生産のみならず、
県の名産であるシイタケの生産にも寄与している。

大分県では3つの柱によって森林の整備・保全を進めている。
ひとつが、荒廃森林を整備することによる「水をはぐくみ、災害を防ぐ森林づくり」。
ふたつ目が、自然と触れ合って学べる「子どもの森」の整備や
地域の特色ある森林を「百年の森」として整備する「遊び、学ぶ森林づくり」。
最後が山づくりに携わる人々が木を伐った利益で植林することで
「長期育成循環林」を整備する「持続的経営が可能な森林づくり」だ。
健全な森林の育成サイクルをつくり、維持することで、
大分では県をあげて豊かな森林づくりに取り組んでいる。

再造林された森林。大分県の民有林におけるスギ人工林の蓄積は全国3位。また、スギの丸太生産量も全国3位である。

日田杉の価値を高める。

家具製造会社〈アサヒ〉がある大分県日田市は、かつて幕府の直轄地・天領だった。
その広大な土地の8割を占める緑の森は、
大地に根を下ろした良質なスギが天に向かってまっすぐと伸び、
“日本三大美林”とも呼ばれている。

そんな日田市のスギは、古くから〈日田杉〉という名前で親しまれてきた。
日田杉の特徴は、表面はかたく、赤身の部分が多く、
害虫や湿気による被害を受けにくい。
木目は細かく、赤身は濃く、艶もあり、建材として用いられることが多い。
ただし、これらの特徴は、適切な乾燥方法によって処理されていることが前提だ。

工場へ運び込まれた日田杉。アサヒでは60~70年ものの日田杉を用いる。

板状にして積み上げ、随時、乾燥処理にかけていく。乾燥時間は外の湿度に応じて調整する。

乾燥前の状態でも赤身がしっかりと主張する。乾燥後は木目がくっきりと浮かび上がり、赤身がほどよく馴染んでいく。

日田杉の中でも大半を占める「ヤブクグリ」種は、
一般的な機械乾燥を施すと中心部が黒くなってしまい、
梁や柱といった高値で売買される構造材としては流通させられない。
中心部が黒くなったもの、根元の曲がっている部分については、
日田の伝統工芸〈杉下駄〉に加工されている。

ヤブクグリ、ひいては日田杉の価値を向上させるため、
日田では黒くさせないための方法について古くから考えられてきた。
ひとつが、風通しのいい山の斜面での天然乾燥だ。
ただし、十分に乾燥させなければならないため、広い場所、
そして何より約2年間という長い歳月が必要である。
もうひとつが技術・工夫による乾燥方法だった。

Recommend