colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈岸家具店〉
地元自慢の金山杉でものづくり。
年輪の自然美が生む、
木口の格子模様

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.044|Page 1

posted:2015.1.29  from:山形県最上郡金山町  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

writer profile

Kanako Tsukahara
塚原加奈子

つかはら・かなこ●エディター/ライター。茨城県鹿嶋市、北浦のほとりでのんびり育つ。幼少のころ嗜んだ「鹿島かるた」はメダル級の強さです。

credit

撮影:ただ(ゆかい)

岸家具店からつながる山形の森のはなし

山形県の総面積の約7割は、森林が占めており、
水、木材、食料、信仰など、人々は昔から山の恵みと密接に関わってきた。
出羽三山、奥羽山脈などの高峰を有する山地は、
ブナやナラなど広葉樹が多い天然林で、
なかでも日本の山の原風景といわれるブナの天然林面積は日本一だ。
かつて人里に近い雑木林では、
薪や整炭の材料としてコナラやミズナラが多く活用されていた。
一方、人工林のなかで8割以上を占めるのがスギ。
まっすぐ生長するので寺社、家などの建材に向く。金山町の〈金山杉〉、
西村山地域(大江町、朝日町、西川町)の〈西山杉〉などの産地をはじめ、
スギは多く植林されているが、どこも木材需要が減少しているのが現状だ。
森林組合、工務店、建築家、職人が連携し、
地域材を使った住宅づくりが推進されている。

家具の販売店の店主から、木工職人へ。

山形県の北部に位置する最上郡金山町で
岸 欣一さんは奥さまの妙子さんとともに、
地元名産の金山杉を使った木工品をつくっている。
木口を組み合わせてつくる〈かなやま杉木口寄せプレート〉は、
オリエンタルだけどやわらかい雰囲気を持つ表情豊かな木製マット。
店頭に出すと、すぐに売れてしまう人気の品なのだそう。

かなやま杉木口寄せプレート。

金山町の風情あるまちなみは散策スポットにおすすめ。

自然豊かな山々を臨み、白壁と切妻屋根の古民家が連なる金山町の景観。
観光地としても知られる散策エリアのすぐ近くに岸家具店もある。
外観は、額装された風景画や可愛いらしい花壇が飾られている。
木工所とは思えない可愛らしい店構えに、
観光客がフラッと訪ねてくることもあるのだそう。
その理由を「もともと、うちは家具屋だったんですよ」という欣一さん。
なるほど、店内に入って1階を見渡すと、奥にタンスや棚が並び、
入り口付近に欣一さんがつくる木工品が販売されている。
「だから、うちの人はどこかで木工の経験があったわけでもなくて、
これらはすべて素人がつくったものなんですよ」と妙子さん。
それでも、半年先まで注文が入ってしまっているという欣一さんの木工品。
素人でもここまでつくれるのかと感心せずにはいられない。

こちらは木工を始めた当初、趣味でつくったという木のアタッシュケース。欣一さんはこれを持って会議に出ると仲間から好評を博したという。

Recommend