colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈おりつめ木工〉
スギの森に新たな価値を。
スギの小割材を使った
ユニークな家具。

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.042|Page 1

posted:2015.1.27  from:岩手県岩手郡雫石町  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

text & photograph

Atsushi Okuyama
奥山淳志

おくやま・あつし●写真家。1972年大阪生まれ。 出版社に勤務後、東京より岩手に移住し、写真家として活動を開始。以後、雑誌媒体を中心に東北の風土や文化を発表。 撮影のほか執筆も積極的に手がけ、近年は祭りや年中行事からみる東北に暮らす人の「今」とそこに宿る「思考」の表現を写真と言葉で行っている。また、写真展の場では、人間の生き方を表現するフォトドキュメンタリーの制作を続けている。 著書=「いわて旅街道」「とうほく旅街道」「手のひらの仕事」(岩手日報社)、「かなしみはちからに」(朝日新聞出版)ほか。 個展=「Country Songs 彼の生活」「明日をつくる人」(Nikonサロン)ほか。
http://atsushi-okuyama.com/

おりつめ木工からつながる岩手の森のはなし

本州一の森林大国「岩手県」。森林面積1,174,000ヘクタール、
森林蓄積(森林の立木の幹の体積で木材として利用できる部分)は
220,000,000立方メートル。
ともに岩手県の森林資源をデータ化してみたものだが、
ここで示されるのは北海道に次ぐ森林大国としての姿だ。
本州で最大の面積を持つ岩手県。
その広大な県土の中央には、北の大河、北上川が南北を貫き、
西側には奥羽山脈、東側に北上高地の山並みで占められている。
岩手県の森林資源の豊かさは、このふたつの山並みの広さと
深さに支えられているといっても過言ではないだろう。
飛行機に乗って眺めてみるとよくわかるのだが、
いわゆる「平地」と呼ばれる地域は、北上川に沿ってわずかに存在するだけで、
県土のほとんどは、人工林、天然林を含めた「山また山」である。
こうした背景から岩手県では、県産材の地産地消や木質バイオマスといった
森林資源の活用促進に熱心に取り組んでいる。

小割材に価値を与えていく

岩手県雫石町を拠点に活動する木工作家、和山忠吉さんの工房には、
製材の現場で〈小割材〉と呼ばれる36ミリ角のスギ角材が積み上げられていた。
最近の和山さんにとって、この小割材が
家具やオブジェ作品をつくり上げる材料となっている。
一般的に、家具職人が使う樹種は、ナラやサクラ、クリといった広葉樹が多い。
木目が詰まった広葉樹は細く加工しても高い強度を誇り、
イスやテーブルなどの強度が必要な家具には適した素材とされてきた。
また、広葉樹ならではの変化に富んだテクスチャーや色味も
家具の表情を出していくうえで重要な要素だった。

製作を行う和山忠吉さん。とにかく木が大好き。四六時中、次につくる木工作品のアイデアを練っている。

中学卒業と同時に木工の現場に飛び込み、現在まで家具職人を続けてきた和山さんも
当然、家具の材料としての広葉樹の良さは承知済みだ。
過去においては、幾種類もの広葉樹を扱ってきた経験もある。

しかし、現在の和山さんがもっとも多く扱う素材がこの小割材だ。
町内の製材所から直接買い付けてくるという小割材は、一本4メートル。
それを一度に何十本と購入するのだが、そのなかには、白っぽい辺材、
赤みの強い芯材が区別なく混入し、また、大小の節もたくさん混じっている。
正直なところ、これらの材は、家具製作に適した素材とは呼べないだろう。
それでも、この小割材さえも和山さんの手にかかれば個性的な家具に生まれ変わるのだ。

岩手県雫石町内にあるおりつめ木工の工房。製作中の家具がたくさん並ぶ。

和山さんによると、現在の日本では、集成材を使う家具職人は存在しても、
こういった小割材を使い家具を製作する職人は皆無に近いという。
「家具はいい材料で手間ひまかけてつくるというのがこれまでの家具製作の流れでした。
もちろん、いまもそうです。私も少し前まではそうやってつくってきましたよ」
と和山さん。

スギの小割材。樹種は同じでもさまざまな性質を持つ。そのため、選別が大きな仕事になるという。

では、なぜ、和山さんはこの小割材を使うようになったのだろうか。

Recommend