colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

数々のプロジェクトを
通して鎌倉の輪が広がる。
カマコンバレー後編

貝印 × colocal
「つくる」Journal!
vol.012|Page 1

posted:2015.7.14  from:神奈川県鎌倉市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  歴史と伝統のあるものづくり企業こそ、革新=イノベーションが必要な時代。
日本各地で行われている「ものづくり」もそうした変革期を迎えています。
そこで、今シーズンのテーマは、さまざまなイノベーションと出合い、コラボを追求する「つくる」Journal!
ものづくり・しくみづくり・ひとづくり・食づくり、場づくりetc、
貝印 × コロカル × earthradioチームが、フレキシブルにテーマを取り上げていきます。

writer's profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

メイン写真:Suzu(fresco)

前編【すべては鎌倉のために。 ITを使った参加型支援 カマコンバレー前編】はこちら

夢を達成するためのクラウドファンディング

“この街を愛する人を、ITで全力支援!”をテーマに
鎌倉で活動しているカマコンバレー。
これまでに、さまざまなプロジェクトを展開してきている。
もちろんプロジェクトを発足し、回していくには最低限の資金が必要になる。
しかしカマコンバレーは、ほぼボランティアによって成り立っているので、
大きな資金源があるわけではない。
おもしろいのは、それらを運営するための資金を募る手段すら、
自分たちで生み出してしまったことだ。
それが鎌倉限定クラウドファンディング〈iikuni〉だ。

「一昨年に行われたプロジェクトの資金を集めるのに、
クラウドファンディングを利用してみようという話になったんです。
しかし今後もカマコンバレーが活動していくのに、
資金集めは必要になってくるだろうと思い、
クラウドファンディングのシステム自体を自分たちでつくってしまったんです」
と話してくれたのは、iikuniを担当しているカマコンバレーの古田智子さん。

一般的に、クラウドファンディング自体の数も増え、認知度も上がり、
活用する人も増えてきた。
そのなかでiikuniの大きな特徴としては、鎌倉に限定しているということだ。

「鎌倉に住んでいたり、働いている人は、地元愛=鎌倉愛が強いと思います。
iikuniでのチャレンジを見て、
“こんな人たちがいるんだ”と応援したい気持ちになると思うんです」と古田さん。

現状では、まだカマコンバレーのプロジェクトや会員からの支援募集が多い。
カマコンバレーが運営しているので、月1回の定例会でもプレゼンや告知ができる。
すると会員同士でつながりやすい。
地域限定にすることで、口コミも広がりやすいのだ。

「知り合いの知り合いくらい辿れば、誰かはつながっています」と古田さんも笑う。
通常、達成しやすいものには傾向がある。
しかし地域が鎌倉に絞られていると、愛情があれば達成しやすいのかもしれない。

ウェブサイトの情報だけを見て、飛び込みで来る人は少ないという。
そのあたりもローカルらしさ。

「クラウドファンディングは字義的には、たしかに資金調達媒体です。
しかし私たちはローカルに根ざしたものなので、
それを強く打ち出さなくてもいいかなと思っています」というのは
〈関心空間〉CEOで鎌倉在住の宮田正秀さん。
iikuniのユニークさと情熱を教えてくれた。

「夢が達成されることを支援したいのです。
iikuniとしては、主にクレジットカード手数料などをいただくだけで、
利益は追求していません。その立場も一貫しています。
どちらかというと仲間のようなもの。ちょっとリードするとしても、
マラソンランナーの横について走るコーチのようなものです。
そのくらいの関係性を目指しています」

なるべくきめ細やかなサービスを目指している。だから一緒にじっくり考える。

「一緒に進めていくという気持ちで臨んでいるので、
ときには、“そのアプローチでは支援は広まりませんよ”とか
“そのリターンはよく考えましたか? ”などの苦言を呈することもあります。
軽い気持ちで“出してみたら?”という無責任な姿勢ではありません。
これなら達成できるはず、とチャレンジを練り上げていきます」

こうした積み重ねのおかげで、高い達成率を誇っている。
実は、他にもたくさんの問い合わせが来ているという。
しかし思いつきであったり、ビジネス的な資金調達など、
iikuniに馴染まない場合は、断ることもあるという。
ただクラウドファンディングというサービスを運営しているのではなく、
これもすべて鎌倉という地域の活動であることを忘れない。

このように、クラウドファンディングという仕組みをつくるだけではなく、
運用法も同時に考えていかなくてはうまくいかない。
そうしたノウハウを、ほかのローカルにも伝える動きも生まれてきている。

宮田さんがそのノウハウの一端を教えてくれた
「プロジェクトを持ってくる人に対して、
どれだけつながりがあるかインタビューするところから始めます。
運営者がどれだけ地域の人脈を持っているかが鍵になります。
ヒアリングするシートも結構細かいですよ。
やろうとしていることよりも、“どうやったら支援の輪が広がるか考えていますか?”
と問います。人から支援を受けるということがどんなことなのか、
真剣に考えてもらえるように、話し合って考えを深めていきます」

すでにいくつかの地域で、iikuniをモデルにした
ローカルクラウドファンディングの動きは始まっている。
まださまざまな可能性を秘めた仕組みなのだ。

Tags  この記事のタグ

Recommend