colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

小豆島のお塩屋さん〈波花堂〉で
過ごす自給自足な1日

小豆島日記
vol.164|Page 1

posted:2016.11.28  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

海水から塩をつくるご夫婦のすてきな暮らし方

お米や野菜を自分で育てる。
薪を割って、羽釜でお米を炊く。
自家製のお味噌でお味噌汁をつくる。
ニワトリを飼って、産んだ卵を食べる。
そして、海のそばで暮らす。

こんな暮らしをしてみたいなーと思っている人が、
少なからずいるんじゃないかなと思います。
むしろ結構たくさんいるのかな。

小豆島でまさにそんな暮らし方をしているご夫妻がいます。
〈御塩(ごえん)〉というお塩をつくっている波花堂(なみはなどう)の
蒲(かば)敏樹さん、和美さんご夫妻。

料理の説明をしてくれる奥さまの和美さん。

薪の割り方を教えてくれる蒲さん。

おふたりがつくられている〈御塩〉です。

その工場&自宅をいつか見てみたいなと思っていたのですが、先日ようやく行けました。
きっかけは、私たち小豆島カメラの企画「生産者と暮らしに出会う旅」です。

「生産者と暮らしに出会う旅」は、小豆島の生産者さんに会いに行き、
その生産の現場を見学したり、小豆島の食や住まいなど
暮らしに触れることができるイベントです。
あ、忘れてはいけないのがカメラですね。
オリンパスのカメラを参加者の皆さんに貸し出し、
イベント中にそれぞれがいいなと思った瞬間を自由に撮ってもらいます。

気持ちのいい秋晴れ。海のすぐそばでカメラの使い方を説明。

参加者皆さんにカメラを貸し出し。

小豆島カメラのメンバーがカメラの使い方をレクチャーしたり。

最初は1泊2日の泊まりつきプランだったのですが、
もっと気軽に島内の方々にも参加してほしいという思いから、
最近は半日~1日の内容に変更しました。
内容は、自分たちが会ってみたい人、行ってみたい場所を中心に選んでいるので、
毎回企画者である自分たち自身とても楽しみな企画。

蒲さんのご自宅前でみんなで調理。

今年収穫した新米と御塩でシンプルだけど贅沢おにぎり。

今年は「米」をテーマにしていて、春は田植え&梅干しづくりをしたので、
秋はできた新米と梅干しでおにぎりをつくるイベントにしようと。
そのおにぎりは、島のお塩〈御塩〉を使ってつくろう!
それなら塩づくりの現場を見てみたいよね、蒲さんのところに行ってみたいよね、と。
そんな流れで決まった今回の企画。
11月中旬、気持ちのいい秋の日に開催されました。

「生産者と暮らしに出会う旅」では定番になりつつある豚汁!

みんなでいただきます。

今回のイベントのメインディッシュ! おにぎりのまわりにあるのは和美さんがつくってくれたお惣菜たち。

Tags
この記事のタグ

Recommend