colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

トミトアーキテクチャvol.3
横浜の木造アパートをまちに開く。
リノベーションの鍵は、
地域の家具や建具、ピンコロ石

リノベのススメ
vol.142|Page 3

posted:2017.3.11  from:神奈川県横浜市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

tomito architecture

トミトアーキテクチャ

冨永美保と伊藤孝仁による建築設計事務所。2014年に結成。主な仕事に、丘の上の二軒長屋を地域拠点へと改修した「カサコ/CASACO」、都市の履歴が生んだ形態的特徴と移動装置の形態を結びつけた「吉祥寺さんかく屋台」などがある。
冨永美保
1988年東京生まれ。2013年横浜国立大学大学院Y-GSA修了。2013年~15年東京藝術大学美術学科建築科教育研究助手。2016年から慶応義塾大学非常勤講師、芝浦工業大学非常勤講師。
伊藤孝仁
1987年東京生まれ。2012年横浜国立大学大学院Y-GSA修了。2013年~14年 乾久美子建築設計事務所。2015年から東京理科大学工学部建築学科補手。

Page 3

多中心だから、気まずくない

このような多中心的な構成は、空間の使い方や、
いろんな人が集まることを受け止めやすくしていると考えています。

居る人の視線が一点に集中してしまう空間は、どこか落ち着かないですが、
CASACOには小さな中心が多様に散らばっているので、いろんな居場所が生まれます。
ひとつの空間にいる雰囲気を感じながらも、ばらばらに時間を過ごしていて気まずくない空間。
いろんな人が集まることのできる場所を目指していたCASACOにおいて、
「知らない人と一緒にいても気まずくない」ことは最重要テーマでした。

1階平面図。いろいろな場所に居場所が見出せるように工夫している。

吹き抜けからホールを眺めた様子。知らない人と近い関係になっても気まずくなく、ついつい話しかけたくなる雰囲気を目指している。(写真:大高隆)

ふらっと立ち寄ることのできる軒下空間

道側に面した部分は、小さな中心のなかでも最も気を配って設計をしました。
前回のお話のなかで、人がまったく寄りつかなかったCASACOが、
道側の窓辺をきれいに設えたことでコミュニケーションが増えた経験をふまえて、
道側に立ち寄りやすい軒下空間をつくることとしました。

そのために、もともとは6畳間の和室だったところを、大胆に減築しています。
木造住宅では角が構造的に重要ではあるのですが、
鉄骨のフレームに置き換えることで開放感のある空間となっています。

外壁を解体している際の様子。

工場で製作してきた鉄骨のフレームを搬入し、取り付ける際の様子。

竣工後、石畳の基壇に細い丸柱が落ちる空間。(写真:大高隆)

前述のとおり、地域に愛されてきたピンコロ石を敷きつめることで、
まちの記憶を引き継いだ、新しいまちの風景を生むことができました。

道を歩く人の目線の高さ

もうひとつ、CASACOに人が集まりやすく、立ち寄るハードルをさげる空間的な工夫に、
通りから中まで連続する高さの設計があります。

道を歩いていく人の視線の高さと、縁側のような空間に座る人の視線の高さが
ほぼ同じであることが、心理的な距離感を縮めます。
また、広間や奥の和室でも床座や低めのソファを前提にしているので、
同様に親密さを感じる距離感になっています。

もともと押入れだったベンチや、石畳の立ち上がり、縁側など、
座るきっかけに溢れた寸法を散りばめることで、
人の居場所をさりげなく用意することを考えました。

断面図。通りから連続する高さの設定がわかる。

前面道路からの見通し。いろんな場所に居場所が生まれ、時間を過ごすきっかけがある。

「手間隙がかかる」が人とものをつなぐ

半年間に及ぶ施工期間は、本当に骨の折れる作業でした。
施工費削減のため解体は自主的に行い、埃だらけになりながら連日作業をしました。
ピンコロ石や建具や家具は、材料自体にお金はかかっていませんが、
非常に手間のかかるものでした。

しかし、その「手間」がかかるものだったからこそ、人とものの間に、人と人の間に、
さまざまな関係が生み出されたと思います。

解体工事の様子。剝がした木材や土壁を壊した際にでた砂が、山をつくるほど堆積している。

廃材を裏庭に運び出したり、ピアノの置き場所を一時的に移動させたり。施工期間中、とにかく物を動かしました。

竣工直前のCASACO。石畳の目地詰めを、近所のお母さんが率先してやってくれました。

ようやく竣工したCASACO。次回はそこでどんな出来事が起きているのか、
どのように運営を行っているのかについてお話しします。

information

map

CASACO 

住所:神奈川県横浜市西区東ケ丘23-1

http://casaco.jp/

Recommend