colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

移住がきっかけでパン屋に?
伊豆に移住したカメラマンが
ときどきパン屋をやろうとする理由

暮らしを考える旅 わが家の移住について
vol.025

posted:2017.11.22  from:静岡県下田市  genre:暮らしと移住

〈 この連載は… 〉  自分たちの暮らしを自分たちで丁寧につくりたい。そんな思いから移住を決意した一家。
移住先を探す旅、そしてその暮らしを、夫婦で交互に綴っていきます。

text & photograph

Tetsuka Tsurusaki

津留崎徹花

つるさき・てつか●フォトグラファー。東京生まれ。料理・人物写真を中心に活動。移住先を探した末、伊豆下田で家族3人で暮らし始める。自身のコロカルでの連載『美味しいアルバム』では執筆も担当。

「カメラマン、ときどきパン屋」
という暮らし方。

伊豆下田に移住して、東京と行き来しながら
カメラマンを続ける津留崎徹花さん。
東京で暮らしていたときからパンを焼くのが好きだった徹花さんが
下田でさらにパンづくりに夢中になり、パン屋をやりたいと思うまでに。
パン屋と移住、一見関係なさそうですが、
彼女にとっては大いに関係ある、必然のことだったようです。
移住して新しいことに挑戦、新しい働き方ができるのでしょうか。

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend