colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈北海道アール・ブリュット〉で
造本作家・駒形克己さんが語った
“共有”する絵本づくり

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.033|Page 1

posted:2016.12.22  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

岩見沢で障がい者によるアートプロジェクトが開催

わたしの住む岩見沢にずっと来てほしいと思っていた人がいる。
グラフィックデザイナーであり造本作家の駒形克己さんだ。
駒形さんについては連載第28回でも触れたことがあるように、
わたしの本業である本づくりの大、大先輩だ。
造本作家として新しい発見や体験をもたらすような絵本をつくり、
これらを既存の出版流通とは一線を画した独自の販売方法で読者に提供している。
こうした駒形さんの活動に、わたしは日頃から大きな影響を受けている。

北海道に移住して以来、駒形さんといつかこの地で仕事ができたら、
そんな想いを持ち続けていたのだが、いよいよ夢が叶うときがやってきた。
今年の11月12、13日に開催された
〈北海道アール・ブリュット 2016 in 岩見沢〉のプログラムの一環として、
基調講演とワークショップを行う機会をもうけることができたのだ。

このプロジェクトは、道内で芸術活動支援に取り組む
障がい福祉関係者らの手によって運営され、地元の学習センターである
〈いわなび〉の全施設を借り切り2日間にわたって行われた。
タイトルとなった「アール・ブリュット」とは、フランス発祥の言葉で、
専門教育を受けていない作家による「生(き)の芸術」という意味がある。

今回会場には、さまざまな障がいを持つ人たちの作品が展示されたが、
これらを障がいという枠でとらえるのではなく、既存の芸術とは異なる
大きなエネルギーに満ちた作品であるという広い視点に立って紹介したいという
実行委員会の想いが、アール・ブリュットというタイトルから感じることができた。

〈北海道アール・ブリュット 2016 in 岩見沢〉のチラシ。作品展示、講演会、分科会、ライブなどさまざまな催しが行われた。主催しているのは、〈北海道アール・ブリュットネットワーク協議会〉。昨年度より障がい者の作品の調査発掘、発信、相談などの活動を行っている団体だ。

1階、2階の各部屋には多数の作品が展示された。これは好きな車をつくり続けているという河上優矢さんの作品。モーターショーをイメージして並べられたものだという。

田湯加那子さんの作品。色鉛筆があっという間に短くなるほどの筆圧で描かれた力強い作品。田湯さんは各地で展覧会を開催し精力的に活動を続けている。

今回、わたしも縁あって実行委員会のサポートをさせてもらうことになり、
北海道教育大学岩見沢校、三橋純予先生の研究室と連携し、
駒形さんの講演会とワークショップが実現することとなった。
このプロジェクトで、駒形さんにぜひ話していただきたいと思っていたのは、
彼がパリのポンピドゥー・センターとともにつくった、
視覚障がい者と健常者が一緒に楽しめる絵本が生まれた経緯についてだ。

以前から駒形さんの障がい者へ向けた本づくりには、
人と人とのコミュニケーションの本質を見つめ直す重要な問いかけがあるように
感じていたこともあって、このプロジェクトへの参加をお願いしたのだった。

Recommend