colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈北海道アール・ブリュット〉で
造本作家・駒形克己さんが語った
“共有”する絵本づくり

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.033|Page 4

posted:2016.12.22  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

Page 4

触覚を生かしたコミュニケーションを育むワークショップ

駒形さんは“共有”という想いから、相手と交流するなかから作品づくりを行う
ワークショップをさまざまなかたちで行っている。
多彩なプログラムがあるなかから、今回、基調講演のあとに行われたのは
〈タクタイル=触覚ワークショップ〉だ。

目隠しをして、A4コピー用紙を3回折って角を1回切る。いったいどんな形になる?

アイマスクをしたまま、穴の形を手で探る参加者たち。

タクタイルとは英語で触覚のことで、参加者たちは目隠しをしながら、
さまざまな形に紙を折り切っていくというものだ。
目の見えないなかで、紙を切って作品をつくるという行為は、
参加者にとって新たな感覚を研ぎすますような体験となった。

目隠しをしたままの制作に慣れてきたら、今度は、折って切った紙を相手と交換し、同じ形の再現に挑戦!

終盤には色から形を連想した立体作品を紙で制作。アイマスクを外して自分の作品と対面した瞬間、参加者からはワッと歓声があがった。

本を通じて人とのつながりを見つめ、新しいコミュニケーションの方法を模索する
駒形さんの姿は、本当に心打たれるものだった。
今回、岩見沢を訪れてくれた駒形さんとともに過ごしたことで、
自分のなかで新たな発想が芽生えてくることになった。
わたしは、人と人との結びつきの場をつくりたいと、
ここ数年エコビレッジ構想をかたちにできないかと動いてきたわけだが、
20年来、本業としてずっと続けてきた編集者という仕事においても、
人との関係性を考える取り組みが、まだまだ無限にあるということに気づかされたのだ。

ならば……、本づくりとエコビレッジというふたつを混ぜ合わせた、
新しい活動を起こすことができないのだろうか?
それが「エコビレッジという暮らし方をテーマにした本をつくる出版社」になるのか、
いっそ「本づくりをするエコビレッジ」になるのか、
まだまだぼんやりしているけれど、ふたつをつなげることで、
何か自分なりの個性(?)が出てくるんじゃないかという気持ちになった。

1泊2日というあっという間の滞在だったが、駒形さんの残してくれた言葉によって、
また新しい未来が開けていくような気持ちになることができた。
駒形さんがまいてくれたタネが、春になって芽吹くことができるように、
これから自分の考えを深めていきたいと思った。

駒形さんはワークショップで、参加者がどんな作品をつくったのかを、全員で共有する場を大切にしていた。作品について語る参加者はみな笑顔だ。

講演会とワークショップが終了したあとに、わたしたちが活動している山を見てもらった。27年ぶりの来道という駒形さん。また、いつかこの地で会う約束をしつつ、駒形さんは足早に帰路についた。

information

map

北海道アール・ブリュット2016 札幌展

会期:2017年1月24日(火)〜1月29日(日)

会場:ギャラリー大通美術館(札幌市中央区大通西5丁目11 大5ビルディング1階)

お問い合わせ:0133-22-2896(北海道アール・ブリュットネットワーク協議会 社会福祉法人ゆうゆう)

Recommend