colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

子どもたちも楽しめる芸術祭。
L PACK.の制作ダイアリー 後編
あいちトリエンナーレ通信vol.3

ローカルアートレポート
vol.067|Page 1

posted:2016.9.6  from:愛知県名古屋市ほか  genre:アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  各地で開催される展覧会やアートイベントから、
地域と結びついた作品や作家にスポットを当て、その活動をレポート。

writer profile

L PACK.

エルパック

1984年生まれの、小田桐奨と中嶋哲矢によるアーティストユニット。2007年より活動スタート。最小限の道具と現地の素材を臨機応変に組み合わせた「コーヒーのある風景」や、前回のあいちトリエンナーレではビジターによるビジターのためのスペース〈VISITORCENTER AND STANDCAFE〉などを展開。各地のプロジェクトや展覧会にも参加。
text: 小田桐奨

撮影:菊山義浩

3年に1度開催され、現在開催中の国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ2016〉。
3度目となる今回は、名古屋市、岡崎市、豊橋市で開催されています。
参加アーティストや広報チームが、その作品や地域の魅力を紹介していくリレー連載です。

子どもたちが楽しんでいる風景に出会うまで

僕たちL PACK.(小田桐奨と中嶋哲矢)は、わかりやすく言うと
「人が集まる場所をつくること」を活動にしています。
例えば廃旅館を改修しカフェと展示空間にコンバージョンしたスペース
竜宮美術旅館〉や、埼玉県の森に佇む一軒家を
若いアーティストたちの活動拠点にした〈きたもとアトリエハウス〉。
そして、前回のあいちトリエンナーレ2013では、
まちの人やアーティスト、来場者が気軽に集える場所
〈VISITORCENTER AND STANDCAFE〉をつくりました。

今年のあいちトリエンナーレでは『“E”についての設計(Scheme for the “E”)』
というタイトルのもと、エデュケーションプログラムのための
3つの部屋と4つの拠点を設計しました。
普段の活動と同じように人が集まりとどまりたくなる場所をつくることを考えながら、
制作を担当するインストーラーチームと
運営を担当するエデュケーションチームと協働し、みんなのアイデアをかたちにして。

ここでは前回に引き続き、設営からの12日間の
僕たちの旅路を振り返ってみたいと思います。

DAY7/8月6日(土)キャラヴァンファクトリー完成

滞在先近くには古くからやっている喫茶店がたくさん残っている。
今日も近くの喫茶店でモーニング。
水族館も近く、休日ということもあり、落ち着いた内装の店内はほぼ満席で、
地元の人と観光客とが混じって不思議な雰囲気だった。
コーヒーについてくるパンの種類が選べる店だったので、今日は小倉トーストを。

車を借りてホームセンターへ買い出しに出かけた。
ついでに近くにリサイクルショップがあったので、そこでも使えそうな素材を探す。
リサイクルショップは各まちに行くごとになるべく行くようにしている。
リサイクルショップに行くと、なんとなくではあるけれど
そのまちの特徴のようなものが見えてくるのである。

例えば、東京の世田谷にあるリサイクルショップのファッションコーナーは、
東京ど真ん中だけあって掘り出さなくてもいいものがゴロゴロしていたりするし、
地方都市の国道沿いなんかにあるところに入ったりすると、
これなんで置いてあるの!? みたいなものが格安で売られていたりする。

この日行ったのはゲームやアニメが主の店だったので、
そんなにナゴヤらしさというものはわからなかったけど、
オープン前から待っている人がいて、
会社が休みで気合い入ってるのかなぁなんて考えたりした。
好きなことに熱中するのはいいことだ。

午後、友人のアーティストが子どもを連れて
制作途中のファクトリーに遊びに来てくれた。
子どもは目の前にあるものに素直に反応してくれるからちょうどうれしい存在になった。

大人から子どもまで、つくることを楽しめるスペース「キャラヴァンファクトリー」のテーブル完成を祝う。

一緒につくりあげたミラクルファクトリーのメンバーや友人たちと記念撮影(一番右が小田桐、後方左から3番目が中嶋)。

DAY8/8月7日(日)看板づくりと仕上げ

「ライブラリー」には展示資料が、キャラヴァンファクトリーには
ワークショップで使うたくさんの素材や工具が運び込まれた。
愛知芸術文化センター12階の通路に設置するバナーが届いたので、看板を制作する。
ひとりではできない作業も複数人でやればどうってことない。
このキャラヴァンファクトリーはそんな当たり前のことが
当たり前に気づける場となってほしい。

外に食べに行く時間がもったいないということで、今日から昼食を弁当にした。
愛知芸術文化センター付近はオフィスが多いので弁当屋さんも多いし安い。
もっと早く気づけばよかった。
うなぎ弁当をひとつだけ買ってみんなであみだくじをやった。
今回のチームはいつでもなんでも楽しめるメンバーなのでとても気持ちがいい。
うなぎはミラクルファクトリーの谷 薫さんがゲットした。

12階の作業後、ライブラリーの仕上げ作業を行う。
港 千尋芸術監督や出展作家の森北 伸さんが覗きに来てくれる。
いよいよもうすぐ、みんなが待ち望んだあいちトリエンナーレが始まるのだ。
そんな実感が少しずつ湧いてきた。

芸術祭の関連本や、キュレーターたちがピックアップした本が閲覧できるライブラリー。西江雅之の世界をよりよく知るための「コラムプロジェクト」の展示。

「ダミコルーム」とキャラヴァンファクトリーの看板づくり。

通称「チーズ」というライブラリーのテーブルに埋まる港 千尋芸術監督と伊藤優子チーフ・エデュケーター。

DAY9/8月8日(月)イメージどおりの空間

名古屋市美術館への搬入からこの日は始まる。
名古屋市美術館のエスタシオンは駅の切符のイメージで、
クエスチョンのアンサーが1枚1枚紙に書いてある。
100枚以上が三角くじのように透明なボックスの中に入っているので、
知りたい答えにはなかなかたどりつかないだろうけど、
すべてスムーズにいかないのも旅の醍醐味だから、それを楽しんでもらいたい。

午後は岡崎の残りの制作、そして豊橋の調整へ向かった。
前回馬鹿にされたので今回は高速道路を使って。
それでも時間がギリギリになってしまい、岡崎へはまた翌日も作業に行くことにした。

美術館に戻り、前日につくった看板を通路に置いてみる。
この日までに何枚も何枚も描いてきたイメージどおりの風景が目の前に現れている。
むしろみんなの力でイメージ以上のものが次々と現実の世界につくり出されていく。
この感覚はそうそう簡単に味わうことができるものではない。

本当に僕たちは人に恵まれている。キャラヴァンファクトリーで使うピンボールも、
ワークショップの素材で仕上げをしてとても楽しくできあがった。

僕たちが生きているこの時代はとても恵まれている。
この場所にだって1回のワークショップでは使い切れないくらいの素材があるし、
世界は一生をかけても知り尽くせないほど
たくさんの未知なる「モノ」で埋め尽くされている。
それらを組み合わせたらおもしろくて楽しくて見たことのない
新しいものがなんだってつくりだせるかもしれない。
そんなことを子どもたちが気づいてくれるかもしれない空間が、
またひとつできあがった。
2か月半後、すべてなくなってしまうのが惜しいくらいのすばらしい空間。
この空間もそうだし、ビルや車や道路や地下街まで、
まちのなかで眼に映るほとんどすべてのものをつくってしまう人間って
本当におもしろい。

人間はこれからどんな旅をして、どんなまちをつくっていくのだろうか。
そしてこの場所で子どもたちはどんな楽しいものをつくり出すのだろうか。
それを想像するだけでお酒が飲める。
オフィスでは終電間際だけどまだ大勢のスタッフの人たちが仕事している。
明後日はいよいよ内覧会。

完成した12階の看板。ダミコルームは、ヴィクトル・ダミコという美術教育者にちなんだ、アートとの出会いを楽しむ部屋。

キャラヴァンファクトリーのピンボール。

名古屋市美術館のエスタシオン。エスタシオンは、参加アーティストたちからのさまざまな質問とその答えが用意された、トリエンナーレを楽しむための拠点。この中にいろいろな答えが。

Tags  この記事のタグ

Recommend