colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

芸術祭で人が集まる空間をつくる。
L PACK.の制作ダイアリー 前編
あいちトリエンナーレ通信 vol.2

ローカルアートレポート
vol.066|Page 1

posted:2016.8.30  from:愛知県名古屋市ほか  genre:アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  各地で開催される展覧会やアートイベントから、
地域と結びついた作品や作家にスポットを当て、その活動をレポート。

writer profile

L PACK.

エルパック

1984年生まれの、小田桐奨と中嶋哲矢によるアーティストユニット。2007年より活動スタート。最小限の道具と現地の素材を臨機応変に組み合わせた「コーヒーのある風景」や、前回のあいちトリエンナーレではビジターによるビジターのためのスペース〈VISITORCENTER AND STANDCAFE〉などを展開。各地のプロジェクトや展覧会にも参加。
text: 小田桐奨

3年に1度開催され、現在開催中の国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ2016〉。
3度目となる今回は、名古屋市、岡崎市、豊橋市で開催されています。
参加アーティストや広報チームが、その作品や地域の魅力を紹介していくリレー連載です。

人が集まりとどまりたくなるような場所をつくる、僕たちの旅路

「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅 Homo Faber: A Rainbow Caravan」
がテーマのあいちトリエンナーレ2016の参加作家として、僕たちも毎日
未知の旅路を歩き迷いながら、ようやく開幕の日を迎えることができました。

僕たちL PACK.(小田桐奨と中嶋哲矢)は、わかりやすく言うと
「人が集まる場所をつくること」を活動にしています。
例えば廃旅館を改修しカフェと展示空間にコンバージョンしたスペース
竜宮美術旅館〉や、埼玉県の森に佇む一軒家を
若いアーティストたちの活動拠点にした〈きたもとアトリエハウス〉。
そして、前回のあいちトリエンナーレ2013では、
まちの人やアーティスト、来場者が気軽に集える場所
〈VISITORCENTER AND STANDCAFE〉をつくりました。

今年のあいちトリエンナーレでは『“E”についての設計(Scheme for the “E”)』
というタイトルのもと、エデュケーションプログラムのための
3つの部屋と4つの拠点を設計しました。
普段の活動と同じように人が集まりとどまりたくなる場所をつくることを考えながら、
制作を担当するインストーラーチームと
運営を担当するエデュケーションチームと協働し、みんなのアイデアをかたちにして。

8月11日の初日を迎え、できあがった空間に実際に人が来て
空間が使われているのを見ると、ほっとしたのと同時にこんなにも大勢の人たちが
トリエンナーレが始まるのを待っていてくれたのかという現実が目の前に現れ、
僕にしては珍しく気持ちが込み上げてきて胸が詰まりそうになりました。
今回、このようなかたちで言葉を綴るチャンスをいただいたので、
設営が始まった7月31日からの12日間の僕たちの旅路を振り返ってみたいと思います。

DAY1/7月31日(日)名古屋に到着

昼過ぎ、新幹線で名古屋駅に到着。ホームに降りた途端、
エアコンのない車で首都高のトンネル内で渋滞にはまり熱中症になったときと
同じ暑さがそこにあり、早々に身の危険を感じたのはいまでも脳裏に焼きついている。

3年ぶりの夏の名古屋が今年も始まった。前回のあいちトリエンナーレ2013は
名古屋在住のアーティスト青田真也とともに、「NAKAYOSI」というユニットで
VISITORCENTER AND STANDCAFEというスペースを3か月だけ運営していた。
まちの人、アーティスト、来場者が気軽に集まり
コーヒーやお酒を飲みながら話すことができる伝説的な場所だった。

今年はそのようなスペースの運営ではなく、空間の設計がメインの役割。
暑さとの戦いに覚悟を決め、インストーラーチームの〈ミラクルファクトリー〉の
作業場に向かい、さっそく空間を構成するためのパーツ制作にとりかかる。
間髪入れずに愛知芸術文化センターへの搬入時間がやってきた。
小さな問題にあたりながらもテキパキと搬入をこなしていく。
終電まで作業をし、僕たちはMAT, nagoya(*)が提供してくれた滞在先へ。
エアコンでキンキンに冷やした部屋でぐっすり眠った。

*MAT, nagoya:名古屋の港町をフィールドにしたアートプログラム。9月22日から始まるアッセンブリッジ・ナゴヤ2016『パノラマ庭園ー動的生態系にしるすー』にL PACK.が参加します。

愛知芸術文化センターに開設されるライブラリーに搬入。

DAY2/8月1日(月)「ライブラリー」

9時に愛知芸術文化センターに集合。
事務所で待っているとチーフキュレーターがコーヒーを淹れてくれた。
6月に打ち合せで来たときは手挽きのミルだったけど、
さすがに忙しいらしく店で挽いてもらっているそうだ。
それでも毎朝コーヒーをきちんとドリップするところがすてきだ。

今日から僕たちが手がける設計のひとつ「ライブラリー」の設営を始める。
ライブラリーは、トリエンナーレに関わるアーティストにまつわる本や、
キュレーターたちがピックアップした本を集めた図書館(貸し出しはしていません)。
さまざまなレクチャー、ワークショップの会場も兼ねるが、
西江雅之のコレクションやフォスコ・マライーニの写真、
アーティストの虹、洞窟芸術など、今回のテーマ/コンセプトを支えるとともに、
参加アーティストの作品を補完していく「コラムプロジェクト」も展示し、
今回のトリエンナーレの作品や言葉では紡ぎきれないイメージを
具現化したような部屋である。

今日の作業メンバーは10人ほど。
高所作業や細部に関わる部分はミラクルファクトリーに任せ、
僕たちはチーズという愛称で呼んでいるテーブルの塗装をする。
大量の木工用ボンドを使った特製塗料を塗っていく。
頭の中ではいい感じにできあがっているけれど、実際にはどうなるかわからない。
「つくる本人がまず楽しむ」のが僕たちのモットーなので、
こんなライブ感のある試行錯誤もとても大切な要素なのだ。

お昼は地下の喫茶店でオムカレーとクリームソーダ。
午後からはみんなで塗装をし、最後はメンバーで記念撮影パシャり。

木工用ボンドを使った特製塗料。

チーズという愛称のテーブルを塗装中。

みんなで記念撮影。右から2番目が中嶋、左から2番目が小田桐。

DAY3/8月2日(火)「脳」をイメージした空間

ライブラリー設営2日目。
濃紺に塗り上げられたこのチーズの本当の呼び名はSynapse(シナプス)。
床から天板まで高さ約1メートルあり、ライブラリー利用者は
この天板の下を潜ってところどころに開いたサークルから顔を出し、
本を閲覧することができる。本を読む前に「潜る」というアクションをすることで、
脳内の情報伝達機能であるシナプスによりよい刺激を与える。
そんなこちらの意図は置いといても、ただ潜って顔を出すだけで
なんだか楽しいからぜひ潜ってほしいです。

お昼を済ませ午後からオブジェの天井吊り作業。
丸く成形した半透明の素材を天井から吊り、照明を当てることで
壁や床に楕円の影が浮かぶ。
血液内を流れる赤血球に包まれているようなイメージの空間ができあがった。

実はこのライブラリー空間は「脳」をイメージしているのだ。
西江とマライーニ、ふたりの文化人類学者と、知識の塊である本から、
深い知識と情報量を持った架空の人物の頭の中に入り込んだような
不思議な空間が「ライブラリー」の空間イメージだ。

ミラクルファクトリーの谷 薫くん。

電脳照明。

天井吊り作業も慎重に。

チーズ2層目の塗装を行う。大勢でやれば楽しいし速い。
2層目の色は緑にしていたのだけど、普段ボンドを作品制作に使用している
ボンド先生ことアーティストの鷹野健さんのアドバイスで、少し白を混ぜてみる。
1層目とはうって変わってなんとも言えない色合いに。

この日は作業終わりに設営中のマーク・マンダースさんの設営現場を
訪問させてもらった。
L PACK.とミラクルファクトリーのあいだで「透け感」というキーワードを
ライブラリーのイメージで共有していたのだけれど、マークさん、いやマーク先輩は、
僕たちの透け感の苦労をシンプルかつ力強く表現しているのだった。
彫刻作品も目と耳を疑ってしまう完成度。(彫刻は素材の見た目に騙されるな!)
マークさんの作品を見ながら僕たちは自然とマークさんのことを
「マーク先輩」と呼ぶようになっていた(本人には言ってません)。

チーズ2層目塗装中。みんなでやると速い。

ベンチの土台となる高級土嚢袋。

ミラクルファクトリー青木一将くん。

Tags  この記事のタグ

Recommend