colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

〈ギャラリーミグラード〉
世界自然遺産のまち、
羅臼町の新たな文化発信拠点

おでかけコロカル|北海道・道東編
Page 1

posted:2017.3.2  from:北海道目梨郡羅臼町  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

photographer profile

Yayoi Arimoto

在本彌生

フォトグラファー。東京生まれ。知らない土地で、その土地特有の文化に触れるのがとても好きです。衣食住、工芸には特に興味津々で、撮影の度に刺激を受けています。近著は写真集『わたしの獣たち』(2015年、青幻舎)。

writer profile

Yoshiko Nakayama

中山芳子

ライター。北海道斜里町生まれ、斜里町在住。世界遺産の自然や野生動物だけではない、知床の文化や歴史、人々の営みを伝えるリトルマガジン『シリエトクノート』編集部の一員。暮らしているからこそ見える北海道の魅力を発信すべく奮闘中です。
シリエトクノート
http://siretoknote.main.jp

知床の大自然や漁業文化を広く伝える場所

北海道唯一の世界自然遺産・知床半島の南東部に位置する羅臼町。
流氷とともにたくさんのプランクトンが運ばれる羅臼の海は多くの魚介類を育み、
クジラやシャチなど海洋生物の楽園として知られています。

その羅臼の中心街にある〈道の駅知床・らうす〉に隣接し、
ひときわ目を引くネイビーブルーの建物が、
羅臼の観光と文化の情報発信スポット〈ギャラリーミグラード〉です。

2016年夏のオープン後、羅臼ならではのテーマで写真展を開催し、
カフェスペースやギフトショップも充実させてきました。
「進化し続けるギャラリー」として、町内外から注目を集めています。

羅臼の深海のような色の壁が特徴。隣接する道の駅 知床・らうす駐車場から入り口まで小道が続いています。海と渡り鳥がモチーフのロゴが目印です。

ギャラリーミグラードの構想は、2015年冬、
知床羅臼町観光協会に勤務する羅臼町地域おこし協力隊の
中村絵美さんらによって始まりました。

もともと羅臼は、雄大な自然や野生動物を撮影するため世界中の人が訪れる場所。

「写真撮影ツアーなどの自然観光をもっとPRしたい」

「天候に左右される自然体験以外でも、地域の自然や文化を深く知ってもらいたい」

と知床羅臼町観光協会が木造2階建ての旧ユースホステルをリノベーションし、
ツアーデスクを併設するギャラリーの準備が進みました。

自身も美術家であり、ギャラリーの空間デザインを手がける中村さん。

「羅臼の大自然は人の心を豊かにする魅力を秘めています。
そんな大自然をまちの文化として捉えることは、
地域の自然を守ることにもつながっていくと思うのです」

ギャラリー改装を監修した地域おこし協力隊の中村絵美さん(左)と、同じく協力隊の阪田裕子さん(右)。阪田さんはエゾシカ革小物の作家としてギャラリー内で作品販売も。

当初、「ギャラリー」という言葉にピンときていなかった地元の人たちも、
中村さんらの思いに共感し、観光関係者や漁業者を中心に、
十数人がボランティアで改装作業に協力してくれました。

1階の4室の展示室は、美術作品の特性を際立たせるため、
壁、天井、床をすべて白で統一した「ホワイトキューブ」に。
多目的スペースやトイレ、エントランスも、
10年以上空き家だったとは信じられないほど、明るく開放的な空間に生まれ変わりました。

「じゅうたんをはがして床を張り替える作業に始まり、
壁のペンキをむらなく何度も塗り直すなど苦労しました。
『何でこんなに塗るんだ!』と当時は地元の人に言われましたが、
実際に展示が始まると『作品が映えるな』と納得してもらえました」

知床岬の昆布漁を紹介した展示。知床が世界遺産になる前の貴重な風景や歴史が紹介されました。(写真提供:ギャラリーミグラード)

2016年7月のオープン時には、実際の羅臼昆布漁のシーズンに合わせ、
郷土写真展『The Last Kelp Harvesting-知床岬の昆布漁』を開催。
地元の人に借りた昆布漁に関する古い写真を中心に、
地元の人から聞き取った話をまとめ、
大正時代から現在に至るまでの昆布漁の歴史をひも解く展示でした。

Recommend