colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

民芸ファン垂涎の宿
「まるも旅館」

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.3.7  from:長野県松本市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
ch.books

全国津々浦々の民芸ファンが「一度は泊まりたい」と憧れる「まるも旅館」。
幕末の1868年(慶応4年)、新田茂八郎氏によって創業され、
茂八郎の「も」の字をとって「まるも」と名付けられたといいます。

100年以上の歴史が醸し出す、
その情緒に国内外のファン多数!

創業当時の建物は1887年(明治21年)年の大火で消失してしまったため、
直後に火災に強い土蔵造りに再建されたのが現在の建物。

古くて黒い木の格子戸をくぐると、和風旅館ならではの風情が漂い、
館内は全8室とコンパクトながらきれいに手入れされているので落ち着きます。
宿泊客の5割は外国人で、リピーターも多数とか。
その他、30~40代の女性のひとり旅も多いというのもこの雰囲気ならうなずけます。

早朝営業のカフェが併設。
店内の民芸家具は見どころのひとつ。

また、朝8時から営業している併設の喫茶店「まるも」は、
松本民芸家具の創立者・池田三四郎氏により1956(昭和31)年に建てられたもの。
松本民芸家具が店内の至るところに配され、細部まで民芸のこだわりが感じられます。

ちなみに1階の食堂で食べる朝食もおいしいと評判で、
炊きたてのご飯に川魚の塩焼き、上品なたまご焼きなど、
シンプルながらも細やかな気配りが感じられ、
朝からたっぷりの情緒に絡め取られ、劇的に幸せ。

information

map

まるも旅館

住所:長野県松本市中央3-3-10

TEL:0263-32-0115

料金:1泊5250円・朝食代1050円

Web:http://www.avis.ne.jp/~marumo/index-j.html

Mail:marumo_ryokan@ybb.ne.jp

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend