colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈県南レストランへGO!
春のグランツーリズムグルメ〉
熊本県南をドライブしながら
グルメめぐり!

コロカルニュース
vol.2075

posted:2017.5.2  from:熊本県八代市ほか  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yoko Yamauchi

山内陽子

やまうち・ようこ●企画と文章。熊本生まれ、熊本育ち、ちょっと放浪、熊本在住。地元を中心に、広告・広報の企画を手がけています。おいしいものが大好きで、お米、お水、お魚、お野菜、いろんなおいしいものにあふれている熊本から離れられません。

熊本県の“おいしい魅力”を、海の幸、山の幸、野の幸が豊富な、
南のほうから発信するプロジェクト「くまもと県南フードバレー構想」が進行中です。
そのプロジェクトの核となっているのは、
熊本県南の豊かな風土から生み出される、季節の野菜、その土地の特産品、
そして、生産者が心を込めてつくる加工品です。

この熊本県南の土地で生まれたそれらのお宝を、
〈RENGA〉という名のブランドとして発信。
豊かな食だけでなく、そのまわりにある文化や土地柄、
そして人の魅力を広めていく取り組みが行われています。

海と山、そして平野部と変化に富んだ熊本県南部は、農林水産物の宝庫。バラエティ豊かな食の魅力を体感できます。

季節が変化するこの時期は、おいしいものも変化する時期。
春の熊本県南の魅力をギュギュッと詰め込んで、
「RENGA三昧のおいしい旅に出かけよう!キャンペーン」が開催されています。

そのなかのイベントのひとつとして、
〈県南レストランへGO! 春のグランツーリズムグルメ〉が
4か所の物産館レストランで、5月10日まで開催中です。

各地域の旬のものや特産品を使い、
今回のイベントのために特別に開発されたご当地グルメを提供。
以前コロカルでも取材した熊本の料理研究家・相藤春陽さんが、
レシピの監修を行っています。
熊本県南の物産館をくまなくまわり、メニューを考案。

「地元の人が当たり前に食べているものを、新しい食べ方で提供することで、
料理を担当する地元の人に楽しんでつくってもらいたい」
との思いで、レシピを工夫されています。

熊本の食の発信に取り組む料理研究家の相藤春陽さん。(撮影:山口亜希子)

〈八代よかとこ物産館〉のメインは、特産のトマトを使った麻婆豆腐。
レストランの大人気メニューとなり、イベント終了後も定番メニューになるとか。

晩白柚(ばんぺいゆ)と白菜のサラダ、球磨川の手摘み青のりスープ付きで850円(税込)。

次のページ
水俣のメインディッシュにはたっぷり海の幸!

Page 2

〈道の駅みなまた たけんこ〉では、いつものバイキングのメインディッシュに
ブイヤベースが登場。海と山が近い水俣ならではの素材がギュッと詰まっています。

ランチタイムのバイキングは1100円(税込)。

〈人吉温泉物産館〉は、季節の恵みを盛りあわせた御膳に、
春の特別小皿として、豆腐のもろみ豆腐和え。

堅豆腐をもろみに漬け込んだ人吉名物を使った和え物で、新しい食べ方として地元の人も驚いていたとか。おひとよし御膳セットは、1620円(税込)。

〈ふれあいセンターいずみ〉では、名物の椎茸を使ったセット。
そぼろ丼にも、天ぷらにも、椎茸の風味豊かなおいしさを余すことなく堪能できます。

名物の椎茸を使ったセットは1080円(税込)。

〈県南レストランへGO! 春のグランツーリズムグルメ〉は、
GW明けの5月10日(水)までの開催。
おいしいものが育つ土地を、のんびりドライブしながら
熊本県南のグルメめぐりはいかがですか。

information

くまもと県南フードバレー推進協議会 
県南レストランへGO! 春のグランツーリズムグルメ

2017年5月10日(水)まで、下記の熊本県南各物産館で開催中

八代よかとこ物産館

住所:八代市上日置町4459-1

TEL:0965-32-3600

道の駅みなまた たけんこ

住所:水俣市月浦54-162

TEL:0966-63-5501

人吉温泉物産館

住所:人吉市上青井町120-4

TEL:0966-22-1123

ふれあいセンターいずみ

住所:八代市泉町下岳3296-1

TEL:0965-67-3500

http://www.food-v.kumamoto.jp/

Tags  この記事のタグ

Recommend