colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈京丹後黒豆チーズケーキ〉
弁当忘れても傘忘れるな!
傘の最中のチーズケーキ

コロカルニュース
vol.2056

posted:2017.4.16  from:京都府京丹後市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

京都・京丹後市の和菓子店〈御菓子司あん〉が
チーズケーキづくりに挑戦

京都府京丹後市にある〈御菓子司あん〉が
チーズケーキづくりに挑戦しました。
そして誕生したのが〈京丹後黒豆チーズケーキ〉。

今年の1月に発売され、発売開始から
3ヶ月で販売個数1,000個を突破したそうです。

京丹後黒豆チーズケーキ 4個入 特別価格1,600円(税込)で発売中。(通常価格 税込1,728円)

ケーキを手がけたのは、御菓子司あんの工場長であり
和菓子一筋23年の職人、中原さん。
和菓子の文化を若い人たちにもっと知ってほしいと、
上質な黒豆を使用した黒豆あんとチーズをサンドしたケーキをつくりました。

花のようなかたちの最中は、じつは傘。
雨の多い京丹後には「うらにし模様」という言葉があり、
「弁当忘れても傘忘れるな」という意味があるそう。
この最中はそのうらにし模様の傘をモチーフにしているんです。

次のページ
京丹後の観光が変わった! 時代の変化に合わせたスイーツを

Page 2

京丹後の観光が変わった! 時代の変化に合わせたスイーツを

御菓子司あんがチーズケーキづくりに
踏み切った背景には、
京丹後市の観光産業の変化がありました。

昭和50年代から1998年頃にかけて大きく成長した京丹後市の観光は、
夏季の海水浴、冬季のカニなどを目当てに訪れる、団体客が中心でした。

ところが、近年の少子化や海水浴離れに加え、
旅の楽しみ方が変化し団体旅行客が減ってきたため、
以前人気だった箱菓子の人気に陰りが。

そこで子ども連れの家族や女性にも喜んでもらえるお菓子をと、
フルーツの産地である京丹後の資源を生かしてつくった
いちごやキウイ、ブドウ、かき、ブルーベリー、栗、
いちじく、トマトなどのフルーツ大福が人気に。

その経験から「和菓子も工夫すれば、普段なじみのない
小さなお子様連れのファミリーにも支持される」と
確信を得たことが今回の開発につながりました。
京丹後黒豆チーズケーキもフルーツ大福も食べてみたいですね!

information

map

御菓子司あん

住所:京都府京丹後市網野町木津1

営業時間:8:00~17:00

TEL:0772-74-9109

Web:御菓子司あん

Recommend