colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

20年に一度しか見れない!兵庫の奇祭「三ツ山大祭」が気になる

コロカルニュース
vol.0005

posted:2013.4.4  from:兵庫県姫路市  genre:旅行 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

兵庫県姫路市の神社、播磨国総社(射楯兵主神社)では、
ただいま20年に一度のお祭り「三ツ山大祭」を開催中!

三ツ山大祭の目玉は、祭礼のシンボルである、
高さ18m×直径10mという巨大な3基の釣鐘形の置山。

こちらが今年の置山。

カラフルな布や、氏子さんや市民らが提供した和服約千着が、
びっしりと張り付けられています。
なぜこんなに大きな山を作るのでしょうか?

それは、全国にいる八百万の神々を姫路に招くため。
置山の山頂に社殿を設けて、地元姫路だけでなく、
全国の厄災を祓い、平安と発展を祈ってくれるんだそうです。

この三ツ山のほかにも、神社の近くの民家などには
地元の方が作ったジオラマ風の飾り「造り物」が展示され、
スタンプラリーも行われているなど、たくさんの催し物が行われています。
まちをあげて盛り上がる地元のお祭ってステキですね。
三ツ山大祭は2013年4月7日まで開催されています。

播磨国総社・射楯兵主神社 三ツ山大祭公式Webサイト

写真:三ツ山大祭応援Facebookページより

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend