colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

小豆島の素材を味わえる
〈キッチンUCHINKU〉の
おいしいランチ

小豆島日記
vol.272

posted:2021.6.14  from:香川県小豆郡小豆島町  genre:暮らしと移住 / 食・グルメ

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
https://homemakers.jp/

地元の人たちで賑わう、「自分の家」のようなカフェ

小豆島の「醤(ひしお)の郷」という醤油蔵が立ち並ぶ地区に、
〈キッチンUCHINKU(うちんく)〉というカフェレストランがあります。
「うちんく」とは、四国地方の方言で「私の家」という意味。
元そうめん工場の倉庫をリノベーションした広くてゆったりした店内で、
もうひとつの自分の家で過ごしているような気分で
ごはんを食べたり、話をしたりできるお店です。

住宅街にあるそうめん工場の倉庫をリノベーションした〈キッチンUCHINKU〉。

住宅街にあるそうめん工場の倉庫をリノベーションした〈キッチンUCHINKU〉。

ワークショップで子どもたちと一緒につくったみんなの「うちんく(私の家)」が店内に飾られています。

ワークショップで子どもたちと一緒につくったみんなの「うちんく(私の家)」が店内に飾られています。

UCHINKUは、小豆島に移住してきた西本さんご夫妻が2017年4月にオープン。
奥さんの西本理香さんは小豆島出身。
移住する前にご家族で何度も小豆島を訪れていたそうで、
京都や大阪のレストランで、20代にして店長を務めてきたご主人の西本真さんは、
いつかこの場所で自分のお店をやりたいと思っていたそう。

オープンして4年、いつも地元の人たちがごはんを食べに来ていて、
ランチ時は特に賑わっています。

周年おめでとう! の絵をお子さんが描いてくれたそう。こういうの宝ですね。

周年おめでとう! の絵をお子さんが描いてくれたそう。こういうの宝ですね。

ランチのデリプレート。野菜いっぱいでうれしい。パンは奥さんの理香さんが焼いてくれます。

ランチのデリプレート。野菜いっぱいでうれしい。パンは奥さんの理香さんが焼いてくれます。

パスタやデリプレート、グリーンカレーヌードルなどいろんなランチを楽しめます。

パスタやデリプレート、グリーンカレーヌードルなどいろんなランチを楽しめます。

UCHINKUさんには毎週、私たち〈HOMEMAKERS〉の野菜をお届けに行っています。
島内のレストランやカフェなどで野菜を使ってもらえるのは、
私たち農家にとってとてもありがたく、うれしいことです。

「来月ってどんな野菜があります?」
「花ズッキーニが採れるけどどうかな?」
「エンダイブ育ててほしいんですよ」

近くにいてちょくちょく会えるからこそ、そんなやりとりができる。
お互いにフィードバックしながら野菜を育てる、料理する、そんな関係です。

コリンキーやインゲンなどを使ったサンドを試作中。盛りつけを一緒に検討。

コリンキーやインゲンなどを使ったサンドを試作中。盛りつけを一緒に検討。

「焼くとうまいんすよ」とグリル。うん、たしかにおいしい。

「焼くとうまいんすよ」とグリル。うん、たしかにおいしい。

次のページ
一緒にイベントを開催!

Page 2

野菜料理のほかにも、瀬戸内海産の魚料理や
小豆島のそうめんを使ったグリーンカレーヌードル、
それから小豆島の醤油屋さんと一緒につくった「醤トマトソース」など、
小豆島の素材を味わえる料理が多いです。

私たちもときどきランチに行きます。気軽にランチを食べられる、いつも開いてるお店が島には意外と少ない。

私たちもときどきランチに行きます。気軽にランチを食べられる、いつも開いてるお店が島には意外と少ない。

真さんは「小豆島はおいしい素材がすぐ近くにあるのがいい!」と話していました。
知っている農家が育てた野菜、漁師がとった魚、
近くの醤油屋さんやそうめん工場でつくられた食材たち。
自分で直接見て仕入れられるのは、近くにいろんな生産者さんたちがいるから。
小豆島ではそれを実現できるんです。

そんなふうに日頃からやりとりしているなかで、
「野菜を料理するUCHINKUと、野菜を育てるHOMEMAKERSで、
今度一緒にイベントやりたいよねー」と話していたのですが、
2021年7月4日(日)にようやく開催することに!

イベントといってもそんな大々的なものじゃなくて、
UCHINKUでいつものようにおいしいランチを提供します。
いつもよりちょっと野菜メイン。
私たちHOMEMAKERSも出張して、UCHINKUと一緒にお店に立ちます。

ズッキーニとソーセージの醤トマトソースドッグ。

ズッキーニとソーセージの醤トマトソースドッグ。

グリル夏野菜と生ハムのシーザーサンド。

グリル夏野菜と生ハムのシーザーサンド。

コロナコロナで遠出もできないし、何かいつもとちょっと違う
楽しいことしたいよねという思いもあり、夏の始まりのタイミングに、
夏野菜たっぷりのサンドを2種類。
春に収穫したノーザンルビーやアンデスレッド、シャドークイーンなどの
カラフルなじゃがいものポテトフライも合わせてどうぞ。

そしたらビールでしょ、ジンジャーエールでしょ。というイメージ。
少しでも元気が出るような、気持ちがあがるような、そんな日になればいいな。

2021年7月4日(日)11時、UCHINKUにて「SUMMER SANDWICH DAY」開催! HOMEMAKERSも出張します。

2021年7月4日(日)11時、UCHINKUにて「SUMMER SANDWICH DAY」開催! HOMEMAKERSも出張します。

暮らしのすぐそばにおいしいものが食べられる場所があるって幸せなこと。
気兼ねなく行けて、適度な賑わいのなかで食べて帰ってこられる。
UCHINKUはまさにそんな場所。

information

map

UCHINKU 
ウチンク

住所:香川県小豆郡小豆島町安田甲235-6

TEL:0879-62-8116

営業時間:11:30~15:30(ランチ~14:00、ティー15:00L.O.)
18:00~22:00(21:30L.O.)

定休日:日・月曜

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ