colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

インドカレーとこだわりコーヒーの
夜長茶廊(よながさろう)

おでかけコロカル|鳥取編

posted:2013.8.1  from:鳥取県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

Kaori Ezawa

江澤香織

えざわ・かおり●神奈川生まれ、東京在住。フリーライター。友人に誘われふらっと訪ねた鳥取の旅で、 その良さに感動し、以後、山陰と深く関わることに。「山陰旅行 クラフト+食めぐり」(マイナビ)著者。 食、旅、クラフト等を通じて、日本文化とものづくりを応援。

credit

撮影:上原朋也
取材協力:鳥取県

おいしいインドカレーとコーヒー、心地よい音楽、そして和むインテリア。

赤瓦に白壁土蔵群の町並みが美しい倉吉にて、
古民家を改装した手作りの店舗。
元々は大正時代から続くお菓子屋さんの喫茶室だったそうです。
カラカラ〜と引き戸を開けると、レトロで無国籍な独特の空間が現れます。
古道具を改造して作った不思議なランプがぽんと床に置かれ、
小さな動物の人形がひょっこり棚の脇に座っていて、
テーブルには古い菓子型がオブジェのように飾られています。

店主の石亀さん夫妻は、
奥様の綾子さんがカレー担当、旦那様の政宏さんはコーヒーと雰囲気担当!
といっても政宏さん、元はレコード会社勤務なので、音楽のセンスはばっちり。
そして丁寧に作られたカレーはコクの深い本格的な味。
でも二人とも、インドに行ったことはありません。
では、どうしてインドカレーなの?
実は、綾子さんは家の近くに子どもの頃から憧れていた
好きで好きでたまらなかったインドカレー屋さんがあり、
大学時代より念願叶って働くことができました。
そこで覚えた味が、今ここでカレーを作るときのベースになっています。
鳥取の乳製品会社、白バラ乳業の生クリームと大山バターを使用し、
やはり地元、鹿野の地鶏を贅沢に使ったカレー。
政宏さんが昔から好きで、店をやるならぜひ使いたかったという、
こちらも鳥取の窯元、福光焼の器を使用しています。
カレーには、お手製のアチャール(インドの漬け物)がテーブルに添えられ、
ルーに混ぜて食べると、程よい酸味と野菜の爽やかさが加わって、うまみ倍増!
でも、おいしいなあ、と心から思えるのは、
ほのぼのと温かい夫妻の人柄も含まれているからかもしれません。

人気の高い「2種のカレーセット」は¥1200。

コーヒーは、鎌倉のカフェ、ヴィヴモン・ディモンシュの豆と、
屋久島の一湊珈琲焙煎所で政宏さんの先輩が焙煎したという豆の2種類。
豆の味そのものをしっかり引き出す、フレンチプレスで淹れています。
(こちらもお気に入りの福光焼のカップで出しています。)
レトロな風情を漂わせつつ、ちょっとお茶目で愛嬌を感じさせるインテリア。
これが妙に和みます。
しっかりごはんを食べに来るお客様も多いようですが、
コーヒーを飲みに、ただふらっと立ち寄るにもいい店です。

白バラ乳業の生クリームと大山バターでこっくりまろやかなバターチキンカレー、¥1000。

information


map

夜長茶廊

住所 鳥取県倉吉市西町2698
TEL 0858-22-2083
営業時間11:00〜19:00(19:00 L.O) 月曜休(祝日の場合は翌日火曜休)
http://yonagasarou.com

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ