colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

南インドカレーと
フレンチプレスのコーヒー。
通に愛される喫茶「ホルン」

おでかけコロカル|宮城編

posted:2013.7.3  from:宮城県仙台市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

コロカルニュース担当。宮城県出身。青山ブックセンター六本木店などもろもろを経て現在フリーランスのライター/エディター。好きな宮城県のおやつは喜久福のずんだ生クリーム。

こだわりの喫茶店。

仙台のシンボルともいえる、けやき並木の定禅寺通り。
夏にはけやきの並木で涼しさを与え、冬になれば「光のページェント」が開催されます。2001年には「せんだいメディアテーク」がオープンし、市民の憩いの場となりました。

左:澁谷浩次さん、右:澁谷夏海さん

喫茶ホルンは、そんな定禅寺通りに面した、
メディアテーク向かいのビルにある喫茶店。
南インドカレーとフレンチプレスのコーヒーを提供する、
仙台では珍しいお店です。
お店では、浩次さんがカレーを、
奥様の夏海さんがコーヒーとおやつを手がける分業式です。
お二人は音楽グループ「yumbo」として活動しており、
インディ音楽界で活躍するミュージシャンです。
ホルンという店名も、夏海さんがホルン奏者というところが由来です。

浩次さんはもともと北海道の出身。仙台に引っ越してきて、
もともとは違う仕事をしていましたが、音楽活動をしながら、
レシピ本と首っ引きになって独学でカレーを作るようになりました。
そのレシピが、日本によくある北インドではなく、
南インドのカレーだったのです。南インドの料理は米飯が主食なので、
ご飯に合うカレーが多く、米どころの宮城にはぴったり。
ホルンでは毎日、8種類のカレーから、2種類を用意しています。
「チキンレバーカレー」や「小豆のトマトクリームカレー」など、
他のカレー屋さんではなかなか味わえないメニューも。いずれもすごく
爽やかで、カレー観を変えてくれるおいしさです。

夏海さんの担当であるコーヒーは、カフェが多い仙台でも
あまり例がないフレンチプレス式。岐阜の名店・山田珈琲さんから
取り寄せた旬のスペシャルティ珈琲をじっくり淹れています。
苦味や雑味がなく、カレーにもおやつにも合うまろやかなコーヒーです。

そしてホルンの店内は、昭和の純喫茶とリノベーションされた
モダンさがミックスされた心地良いインテリア。
店内のそこかしこに置いてある謎の民芸品は、夏海さんのこだわり。
お店を始める前から、古道具屋やネットオークションで
購入してきたコレクションです。
そして店内にある、アートの書籍や、マニアックなマンガやCD、
時折行われる音楽ライブ。
それらの全てが、紋切り型の「ナチュラル」や「昭和風」に嵌まらない、
喫茶ホルンのこだわりなのです。

information

map

喫茶ホルン

住所 宮城県仙台市青葉区立町26-17-202
電話 022-711-5520
営業時間 火曜〜土曜12:00〜21:00/日曜12:00〜19:00
定休日 月曜
http://kissahorn.blogspot.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ