colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

築100年の建物を再生させた
「ここちカフェ むすびの」

おでかけコロカル|大分編

posted:2013.6.24  from:大分県別府市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

BEPPU PROJECT

2005年に発足した、大分県別府市を拠点に活動するアートNPO。別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」の開催や、「国東半島アートプロジェクト2012」のディレクションのほか、現代美術の普及やアーティスト・イン・レジデンス事業などを展開。フリーマガジン「旅手帖 beppu」の発行や、アートやダンス、音楽、演劇など多彩なプログラムが開催される市民文化祭「ベップ・アート・マンス」の運営など、まちとアートをつなぐ活動を続ける。
http://www.beppuproject.com/

まちの歴史を感じさせる建物をカフェに。

鉄輪(かんなわ)の共同温泉「熱の湯」の隣に、
アーチがかわいらしい淡いブルーの建物がある。
「ここちカフェ むすびの」は、まちの診療所だった建物を再生させたカフェ。
オーナーの河野さんは大阪出身で、2001年に別府に移住した。
鉄輪の魅力を伝えるために、まちあるきのガイドなども行っているのだそう。

「こっちで勤めていた仕事を辞めて、鹿児島や熊本に行って
農業をすることも考えたんやけど、やっぱり鉄輪が好きだから。
ここで何かしたいなぁと思ってたんです」
そんなときに思いついたのが、ひっそりと建っていたこの建物。
ぜひ使わせてほしいと建物の持ち主の安波(やすなみ)治子さんに話をしたところ、
安波さんもいつか再生させたいと考えていたのだそう。
「周りからは、飲食店を始めるのに、
場所から先に決めるのはおかしいって言われたんです。
でも、この建物の歴史を感じさせる佇まいと、
人を惹きつける力に魅力を感じたんです」と河野さん。
メニューを考えるのは、前職の繋がりからお店に入ってくれた田中さん。
低温の蒸気でじっくり蒸す「低温スチーム」や、
50度のお湯で洗う「50度洗い」に「天日干し」。
どの品も、食材本来の旨味を最大限に引き出す調理法で丁寧に作られている。

information

map

ここちカフェ むすびの

住所 大分県別府市鉄輪上1
TEL 0977-66-0156
営業時間 11:30 ~ 21:30
木曜休
http://www.musubino.net/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend