colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

妙高〈björk 森の宿ビヨルク〉
旅のスタイルに合わせて楽しむ小さな宿

おでかけコロカル|新潟編

posted:2019.11.6  from:新潟県妙高市  genre:旅行

PR 新潟県

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

writer profile

Hiromi Kajiyama

梶山ひろみ

かじやま・ひろみ●熊本県出身。フリーランスのライターとして、インタビュー記事を中心に執筆する。著書に『しごととわたし』(イースト・プレス)。最近興味があるのは湯治宿。

credit

撮影:川瀬一絵

アウトドアと旅を愛する夫婦が営む小さな宿

日本百名山に選定される妙高山の麓、妙高高原。
新潟県と長野県の2県6市町村にまたがる妙高戸隠連山国立公園の一部で、
夏季はハイキングと登山、冬季はスキーが楽しめる山々に、
滝や湖、さらには豊富な温泉と四季それぞれの過ごし方ができる自然豊かな場所です。

自然のアクティビティに事欠かない妙高。夏は登山、トレッキング、サイクリングに加え、車で15分の野尻湖で釣りやSUP、カヤックを楽しめる。疲れた体は温泉であたためて。

自然のアクティビティに事欠かない妙高。夏は登山、トレッキング、サイクリングに加え、車で15分の野尻湖で釣りやSUP、カヤックを楽しめる。疲れた体は温泉であたためて。

〈björk 森の宿ビヨルク〉があるのは、左右と後方をぐるりと緑に囲まれた一角。
岡倉天心や与謝野晶子などの文化人が愛したという赤倉温泉郷から少し離れた、
静かなエリアです。

看板を頼りに車1台が通れるほどの道を分け入るように進むと、
木造の2階建てが目に飛び込んできます。
宿を正面に見て、左手には見事な妙高山、右手には森林が広がります。

オーナーの爲石篤史さん、麻美子さん夫妻により、
2018年11月にオープンしたビヨルク。
「ビヨルク」とは、スウェーデン語で白樺を意味する言葉ですが、
「宿の名前は、窓から見える白樺が印象的だったから」だそう。

朝食のほか、ドリンクとおつまみや定食がオーダーできるダイニング。常時お水とコップが用意されている。ドリンクとフードのオーダーは18:30~22:30。

朝食のほか、ドリンクとおつまみや定食がオーダーできるダイニング。常時お水とコップが用意されている。ドリンクとフードのオーダーは18:30~22:30。

ダイニングから見える景色。右手に見えるのが宿の名前の由来にもなった白樺。

ダイニングから見える景色。右手に見えるのが宿の名前の由来にもなった白樺。

1階は共用のバス、トイレのほか、
朝食や夕方から夜にかけてフードやドリンクをオーダーできるダイニング、
スピーカーとソファが配置されたくつろぎスペースが。

ダイニング奥のくつろぎスペースには、篤史さんが父親から譲り受けたオーディオから心地よく音楽が響く。こぢんまりとした広さが心地よく、本を読んだり、文章をしたためたり、静かなときを過ごしたくなる。

ダイニング奥のくつろぎスペースには、篤史さんが父親から譲り受けたオーディオから心地よく音楽が響く。こぢんまりとした広さが心地よく、本を読んだり、文章をしたためたり、静かなときを過ごしたくなる。

客室数は、4人部屋が1室、2人部屋が5室の計6室。
ベッドとその脇に小さなテーブルが置かれたシンプルな客室に入れば、
ふんだんに使われた木材、リネンの白、絨毯の深みのあるブルーの配色が、
窓の外の景色を引き立てているのに気づき、心がすーっと安らぎます。

2人部屋。朝には窓を開けて自然の音色に耳を傾けてみよう。

2人部屋。朝には窓を開けて自然の音色に耳を傾けてみて。

家族や複数人での滞在にうれしい4人部屋。

家族や複数人での滞在にうれしい4人部屋。

通路に飾られた照明や椅子、生けられた野花と花器、
どれもさりげなく、だけどあるのとないのとではまったく違う。
すべてが大切に選ばれてきたのだろうなと想像できます。

次のページ
ビヨルクのもうひとつの意味とは?

Page 2

「あなたをお待ちしています」。ビヨルクに込められた想い

ビヨルクを営む前は、東京に暮らしていたおふたり。
篤史さんは学生時代にスノーボードをするためにホテルで住み込みのアルバイトをし、
大学卒業後はアウトドアメーカーに入社したという生粋のアウトドア好き。
ビヨルクの入り口脇の棚には、愛用の登山ブーツがずらりと並んでいます。

一方、麻美子さんはコスメ販売や飲食店で接客を経験。
「いつかは宿を仕事にしたい」という想いで、
仕事と並行しながら3年ほどかけて物件を探した結果、最終的にこの場所へ。
豊かな自然があり、季節ごとにさまざまな楽しみ方ができるのを
魅力に感じたからだそう。

「ゲストがそれぞれのスタイルや目的に合わせた旅をするために、
ここをその拠点として利用してもらえたら」と話します。

オーナーの爲石篤史さんと麻美子さん。

オーナーの爲石篤史さんと麻美子さん。

昔ながらの1泊2食付きというスタイルにとらわれることなく、
素泊まりをはじめ、朝食を付けたB&Bとしても利用できるのはうれしいところ。
そこにはゲストそれぞれの過ごし方を尊重したいという心遣いが反映されているのです。

近隣の温泉に入ってもいいし、ビヨルクのお風呂を利用するのもいい。
気になる飲食店で食事をするのもいいし、
ダイニングでおつまみや定食をオーダーするのもいい。
さまざまな状況に対応してもらえるという安心感は、自由と快適さを与えてくれるんだ。
そんなことに気づかされます。

麻美子さんお手製の朝食はサラダ、トースト、ヨーグルトなど。旬を迎えたトマトを丸ごと使ったスープが絶品。コーヒーと紅茶もたっぷり用意してもらえたので、遠慮なくおかわりもできる。

麻美子さんお手製の朝食はサラダ、トースト、ヨーグルトなど。旬を迎えたトマトを丸ごと使ったスープが絶品。コーヒーと紅茶もたっぷり用意してもらえたので、遠慮なくおかわりもできる。

もともとは古いペンションだったこの建物ですが、
床を剥がす、仕切りをなくすなどの大改装を行いました。

大胆に壁を抜き、やさしく自然光が入る洗面スペースにリノベーション。

大胆に壁を抜き、やさしく自然光が入る洗面スペースにリノベーション。

ビヨルクが建つのは標高720メートル地点。
冬は一夜にして1メートル近く雪が積もることもあり、
雪が降り始めるまでに工事を終えることを目標にしていたそう。
信頼できる大工さんとの出会いによって、
おふたりの要望を的確かつ柔軟に取り入れてもらえたことは
とても幸運なことだったと振り返ります。

未経験ながら篤史さん自らも手を動かし、家族や友人の手を借りて、
無事に雪の季節が到来する前に現在の姿へ。

木をふんだんに使った内装はリラックスできる。階段の下右にお手洗い、左にお風呂がある。

木をふんだんに使った内装はリラックスできる。階段の下右にお手洗い、左にお風呂がある。

ビヨルクがオープンしてもうすぐ1年。
その間、性別、年齢、国籍もさまざまなゲストが訪れました。
なかには宿の庭でバーベキューをしたり、テントでキャンプをする人も。
今後もいろいろな旅のスタイルに合わせて対応していけたらと話します。

宿の周りは森林セラピーロードと呼ばれるハイキングコースになっている。森に入り進んでいくと小さな沢があり、目にも耳にも心地よい空間が広がる。早起きして朝食前に散策するのもおすすめ。

宿の周りは森林セラピーロードと呼ばれるハイキングコースになっている。森に入り進んでいくと小さな沢があり、目にも耳にも心地よい空間が広がる。早起きして朝食前に散策するのもおすすめ。

宿から徒歩で10分ほどの場所にある「いもり池」に映った妙高山。夕暮れの“逆さ妙高”はとても美しい。

宿から徒歩で10分ほどの場所にある「いもり池」に映った妙高山。夕暮れの“逆さ妙高”はとても美しい。

ビヨルク(白樺)の花言葉は「あなたをお待ちしています」。
ふたりが営むこの場所になんてぴったりな名前でしょう。

information

map

björk 森の宿ビヨルク

住所:新潟県妙高市関川1252-8

TEL:0255-86-3772

アクセス:妙高高原ICより車で10分。妙高高原駅より車またはバスで10分。

料金:1泊1名5000円~(朝食付き6000円~)

*繁忙期は特別料金、その他アメニティ料金あり。詳細はHPなどで要確認。

Web:https://www.bjorkmyoko.com/

新潟県とコロカルがコラボ!『新潟のつかいかた』巡りかた・食しかた・買いかた・暮らしかた 今こそ知っておきたい新潟の使い方とは?

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ