colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

BS朝日〈アーツ&クラフツ商会〉
がリニューアル!
秘密のサロンにて
江戸独楽と出会う

コロカルニュース

posted:2016.1.4  from:東京都江東区  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

新年より、伝統工芸にスポットをあてるBS朝日の番組
〈アーツ&クラフツ商会〉(提供:セキスイハイム)が、
舞台もナビゲーターも新たに生まれ変わります。

ウィリアム・モリスがおこしたアーツ&クラフツ運動に
感銘を受けた人物が創業した架空のお店、アーツ&クラフツ商会。
これまでナビゲーターを務めてきた4代目店主・森須護(渡辺いっけいさん)に
代わって登場するのは、その妹、柳 たくみ役に扮(ふん)する坂井真紀さんです。

舞台は、とある住宅展示場の中に隠された、秘密のサロン。
そこには本物を追求する趣味人だけが入室を許され、
名職人の手から生まれた、未知なる伝統工芸に出会えるのだとか。

今回のテーマは、〈江戸独楽〉(えどごま)。
ひとくちに独楽といっても、どっしりと気品のあるものから、
思わず笑顔になってしまうユニークな独楽まで、いろんな独楽があるんです。

次のページ
江戸独楽師が手がけるニュークラフツとは?

Page 2

江戸独楽とは、曲芸に使われる“曲独楽”のひとつ。
扇子に乗ったり、綱渡りをしたりなどといった曲芸にはえる、美しい色と形が特徴です。
曲独楽は、江戸時代に博多の初太郎という美少年が
京都で披露した曲芸が評判を呼び、江戸に伝わり大流行。
以来、江戸でも盛んにつくられるようになったそうです。
気品のある江戸独楽は、いまでもコレクターに人気があるのだとか。

さらに江戸独楽には、曲独楽から発展した
からくり独楽というものもあります。
こちらは、曲独楽をまわすのは難しそう、という方にもおすすめ。
“からくり”という名の通り、まわすとユニークなしかけが動き出します。

今回は、数少ない江戸独楽師・広井政昭さんに、
このからくり独楽をオーダー。
お正月にふさわしい、飾っても、遊んでも楽しい独楽をつくっていただきました。

江戸独楽師・広井政昭さん

こちらの独楽、まだお見せできないのが残念ですが、
本当にユニークで、可愛いらしい一品に仕上がっています。
江戸時代の人たちも、お正月にこんな独楽を囲んで
盛り上がっていたのかなと思いを馳せてしまいました!
完成品は、ぜひ1月4日(月)に放送される番組で。
また、1月5日(火)よりセキスイハイムの赤羽展示場でも展示されるのだそう。
くわしくはこちらから!

明治以降、独楽は新しいおもちゃに主役の座を奪われてしまいましたが、
その技は、限られた職人さんの手によって継承されてきました。
お正月こそ、そんな独楽をゆっくり愛でたいものですね。
懐かしくも新しい江戸独楽の世界を、どうぞお見逃しなく!

■〈セキスイハイム presents アーツ&クラフツ商会

放送局:BS朝日

放送時間:毎週月曜日夜11:00〜11:30

出演:坂井真紀

企画・監修:小山薫堂(放送作家、脚本家)

提供:セキスイハイム

NO.30〈江戸独楽〉

2016年1月4日(月)、18日(月)放送

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ