colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

長野の古湯で音楽と映像を楽しむ!「信州渋温泉」で電子音楽フェス「渋響pH7.0」開催!

コロカルニュース

posted:2015.3.20  from:長野県下高井郡山ノ内町  genre:活性化と創生 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

2015年4月11日(土)から12日(日)にかけて、
長野県山ノ内町の「信州 渋温泉」にて、
電子音楽のフェスティバル「渋響pH7.0」が開催されます。

会場の渋温泉は、「千と千尋の神隠し」のモデルのひとつと言われる、
日本有数の温泉建築群と石畳の温泉街。
現在は営業をしていない、昭和4年建築の文化財「臨仙閣」を
まるごとアートスペースにして、電子音楽のライブや映像作品、
カフェやリラクゼーションブース、地元の楽器の制作体験なども
できる年に一度の御開帳イベントです。

メイン会場の「臨仙閣」は、二階は遊郭風、
三階は信州の蔵の町並みを思わせる内装で、
地下には名湯を持つまぼろしの旅館。
ここに、電子音楽シーンを代表するアーティストが集結。
電子音楽はもちろん、映像あり、インスタレーションあり、
トークあり、紙芝居あり、そして温泉ありの、
めくるめく不思議な温泉情緒堪能の二日間を繰り広げます。

地元のおばあちゃんや老舗旅館の若旦那など、
地域の人々もアーティストとして参加。
電子音楽シーンと温泉街の完全なコラボ体制がユニークです。

こちらがライブ&インスタレーションの模様

それでは、渋響のユニークなこころみをご紹介。

そば集落から蕎麦打名人をお迎えし、蕎麦打ちを教わりながらライヴを聴く「蕎麦打ちライヴ featuring
須賀川そば」。蕎麦打ち体験+試食は会場受付にて予約制(別料金)

渋温泉は芸者さんも健在。温泉街の芸者社中、小助さん+夕霧さんのライヴも名物。

Page 2

こちらは温泉街の名物おばあちゃん、松田れい子さん(100歳)!紙芝居と音楽のコラボは、毎年最も盛り上がるプログラムでもあります。

フェスでの楽しみのひとつであるフードには、「おやき」や「はやそば」など地元の超ローカルなおやつや地ビールなどが味わえる道の駅ならぬ「路地の駅」が出現。

「渋響」は東京の音楽レーベル「涼音堂茶舗」と
渋温泉青年部がプロデュースチームを組んで開催しています
なぜここまでのお祭りが可能になったのか?
それは、渋温泉のある信州の山奥には、民俗学のフィールドと
なるような古いしきたりが残されているから。
最も顕著な特徴は中世の「惣村」の組織に遡る「惣代」を
中心にした 村を守るしくみで今もなお厳格に続いて温泉を運営していること。
室町戦国時代には農作業や戦争を担っていた「若衆」組織が
「青年部」(地域では「ワケショ」という)と名前を変えいまも機能しているんです。

「渋響」では、会場地下に湧く幻の名湯を堪能しながら音楽を聴けるほか、
渋温泉の宿に泊まると九つの外湯にも入れますよ。
今年は善光寺の御開帳とも合わせて訪ねてみるのはいかがでしょう。
チケットの発売など、詳細はWebサイトより。

渋響pH7.0
日程:2015年4月11日(土)16:00 Open
2015年4月12日(日)10:00 Open
会場:長野県 渋温泉
料金:二日通し券:¥5,500(12日のみの場合も同額)、12日のみ:¥4,000
宿泊付きチケット:各旅館で発売。料金や食事プランは各旅館で異なります。

Feature  これまでの注目&特集記事