colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

札幌が舞台の初のアートフェス「札幌国際芸術祭 2014」開催!ゲストディレクターは坂本龍一

コロカルニュース

posted:2014.5.28  from:北海道札幌市中央区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

北海道札幌市を舞台にした初めてのアートフェスティバルがこの夏開催されます!
その名も「札幌国際芸術祭 2014」。
2014年7月19日(土)から9月28日(日)までの72日間、
札幌市民にもお馴染みの札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、
北海道庁赤れんが庁舎、モエレ沼公園などで
展覧会やパフォーマンス、プロジェクトが展開されるんです。
芸術祭のテーマは「都市と自然」。
明治維新とともに北海道と名づけられたこの土地は、
先住民族や自然そのものも、近代化と無縁ではいられなかった場所。
そうした過去の歩みをアートとしてふりかえることで、
21世紀の札幌・北海道の自然、都市のあり方、経済、暮らしを
模索するという試みなのです。

■札幌がメディア・アーツ都市に

〈参考作品〉セミトランスペアレント・デザイン《Semitra Exhibition tFont/fTime》2009 山口情報芸術センター[YCAM]での展示風景 Courtesy of Ycam InterLab

日本各地でたくさん開催される芸術祭ですが、
「札幌国際芸術祭」の大きな特徴は、
ゲストディレクター坂本龍一のもと、
高度なテクノロジーを使った「メディアアート」の作品が
多くラインナップしていること。
坂本龍一と、「Perfume」の演出も
手がけるアーティスト真鍋大度の共作や、
ドイツのカールステン・ニコライ、
「ダムタイプ」の高谷史郎、エキソニモ、毛利悠子、
セミトランスペアレント・デザインほか
先端的技術を用いた新しい芸術表現の
アーティストたちが展示を行います。

これは、札幌市がユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の
「創造都市ネットワーク (メディア・アーツ都市)」
に2013年11月正式に加盟したため。
もともと札幌は、ITのほかデザインなど文化芸術で
まちの活性化をはかる「創造都市さっぽろ」を掲げるまち。
新たなメディア技術を用いた文化芸術表現や、市民の自発的な表現活動
を通して経済活動の促進を目指す「メディア・アーツ都市」
への参加もうなづけます。

シディ・ラルビ・シェルカウイとダミアン・ジャレによる「BABEL(words)」 BABEL(words) © Koen Broos

ほか、参加アーティストには現代のヨーロッパを代表する
美術作家のアンゼルム・キーファー、写真家の畠山直哉や松江泰治ら。
彫刻家アントニー・ゴームリーによる5つの大きな直方体フレームの
舞台装置を使う、コンテンポラリーダンスの振付師シディ・ラルビ・シェルカウイと
ダミアン・ジャレによる「BABEL(words)」なども注目です。

大竹伸朗が北海道で発見し作品にした、ボーリング場の巨大サインも里帰り展示。大竹 伸朗(Shinro Ohtake)《時憶/美唄》2013 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での展示風景 Photo: 山本真人 ©Shinro Ohtake

また本芸術祭では、ボランティアも募集中。
おもな業務は、美術館内での受付や作品監視、
各会場で行われるイベントやワークショップのサポートなど。
参加することでまた新しいことが見えてきそうです。
詳細は下記にて。

札幌国際芸術祭2014

Feature  これまでの注目&特集記事