colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈mui たびと風のうつわ〉
沖縄・百名にできた
自然と創造をつなぐ宿

コロカルニュース

posted:2021.7.11  from:沖縄県南城市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

「無為自然」感じる旅の拠点

コロナが収まったら、どこか遠く、日常からかけ離れたところへ行きたい。
そんな少し先の楽しみを思い、さまざまに思考を巡らせている方に
ぜひ注目していただきたい宿があります。

2021年3月に自然と文化の豊かな海辺の集落、
沖縄県南城市玉城百名のはずれにオープンした〈mui たびと風のうつわ〉(以下mui)。
「暮らしと旅」、「自然と創造」をつなぐ宿です。

2021年3月、沖縄県南城市玉城百名のはずれにオープンした〈mui たびと風のうつわ〉

2021年3月、沖縄県南城市玉城百名のはずれにオープンした〈mui たびと風のうつわ〉

名前のmuiは「作為なく自ずと然る」という意味の「無為自然」という言葉から。
水が硬いものにあたると形を変えて包みこむように、
生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声のように、自ずと湧き起こる思考や行動に
身を任せられるような場所にしたい、という宿のコンセプトが込められています。

Page 2

一棟貸しの開放的な室内

客室(2ダブルベッドルーム)。

客室(2ダブルベッドルーム)。

1Fがダイニングキッチンスペース。2口のIHコンロ、その他調理器具や冷蔵庫など完備。Bluetoothスピーカーもあり。

1階がダイニングキッチンスペース。2口のIHコンロ、その他調理器具や冷蔵庫など完備。Bluetoothスピーカーもあり。

沖縄県出身、現在ミラノ在住のプロダクトデザイナー・KENSAKU OSHIROさんが手がけたラウンジチェア〈ELSA〉。

沖縄県出身、現在ミラノ在住のプロダクトデザイナー・KENSAKU OSHIROさんが手がけたラウンジチェア〈ELSA〉。

日本製のポケットコイルを使ったマットレスに沖縄の気候に合わせて調整した羽毛布団と京都でつくられた綿100%のダブルガーゼが心地よい睡眠へと誘ってくれます。2階は天窓以外に窓はなく、屋根裏に籠もるように静か。

日本製のポケットコイルを使ったマットレスに沖縄の気候に合わせて調整した羽毛布団と京都でつくられた綿100%のダブルガーゼが心地よい睡眠へと誘ってくれます。2階は天窓以外に窓はなく、屋根裏に籠もるように静か。

お風呂は個性的な佇まいで驚かれることが多々。洗濯機とガス乾燥機も設備されています。沖縄は塩分を含んだ潮風が吹くので、一般家庭では、ガス乾燥機があるのが普通なのだそう。

お風呂は個性的な佇まいで驚かれることが多々。洗濯機とガス乾燥機も設備されています。沖縄は塩分を含んだ潮風が吹くので、一般家庭では、ガス乾燥機があるのが普通なのだそう。

環境への配慮で、歯ブラシ、クシ、シャワーキャップ、ひげ剃りなど使い捨てのアメニティの提供はなし。パジャマのご用意もないとのことなので、お気に入りの日用品を持ってチェックインを。

環境への配慮で、歯ブラシ、クシ、シャワーキャップ、ひげ剃りなど使い捨てのアメニティの提供はなし。パジャマのご用意もないとのことなので、お気に入りの日用品を持ってチェックインを。

お部屋の棚にはnakamurakenoshigotoさんの器が。味わいのあるお皿たちが、お部屋での団欒をいっそう深めてくれそう。

お部屋の棚にはnakamurakenoshigotoさんの器が。味わいのあるお皿たちが、お部屋での団欒をいっそう深めてくれそう。

朝食や軽食では自家製ハム・ソーセージ専門店tesio(沖縄市)の感動的においしいというソーセージやハムを使ったメニューが。宜野湾市のコーヒーショップ・YAMADA COFFEEのスペシャリティコーヒーもご用意。

朝食や軽食では自家製ハム・ソーセージ専門店tesio(沖縄市)の感動的においしいというソーセージやハムを使ったメニューが。宜野湾市のコーヒーショップ〈YAMADA COFFEE〉のスペシャリティコーヒーもご用意。

沖縄の麦や素材を使ったクラフトビール(クリフビール、浮島ブルーイング)も揃っています。

沖縄の麦や素材を使ったクラフトビール(クリフビール、浮島ブルーイング)も揃っています。

Page 3

4棟ある宿泊棟は、それぞれ1組ずつ泊まれるようになっており、
開放感のある空間でゆったりと過ごすことができます。

建物は、studio cochi architectsが設計。

外と中、自然と人工物、宿と住居、暮らしと旅など、
専有と共有(シェア)それぞれが緩やかに繋がるつくりです。

「もし、ほんの一瞬でも訪れた方が意識を奪われてしまうようなワンシーンがあれば、
きっと誰かの記憶に残る場所になるのではないか」

できるだけ「ホテル」という概念をはずし、
効率と利便性、快適性、エンターテイメントやサービスを追求するのではなく、
建築を通して生まれる光や、風、鳥の声が自然と調和して流れ込んでくるような、
自ずとなにかを感じるような空間となるように。
そんなひそかな願いがmuiにはこめられているそうです。

沖縄の新たな宿のかたちを感じさせる、魅力溢れるmui。
次の沖縄旅行は、muiを拠点に、百名に残る
ありのままの沖縄を味わう旅を計画してみてはいかがでしょう?

information

map

mui たびと風のうつわ

住所:沖縄県南城市玉城字百名1201-3

TEL:098-943-6301

料金:1泊1室 28000円〜 ※今後運営次第で変動の可能性あり

Web:mui たびと風のうつわ公式サイト

*価格はすべて税込です。

Feature  これまでの注目&特集記事