colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈Creators Meet TAKAOKA 2020〉
高岡伝統工芸の未来を担うコラボの
プロトタイプがお披露目!

コロカルニュース

posted:2021.2.12  from:富山県高岡市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

〈未音制作所〉と〈高岡民芸〉が手がける菅製のスピーカーの骨組み

昨秋にコロカルでもご紹介した
富山県高岡市の伝統産業の工房とクリエイターが、
日本の手わざの新たな価値創造と関係人口づくりを目指す
〈Creators Meet TAKAOKA 2020〉の参加クリエイター募集。

しばらくして、気鋭のクリエイターと工房とのタッグが決まり、
プロトタイプの制作が行われたとのお知らせが届きました。

今回、4組の枠に20組の応募があったのだそう。
その中からプロダクトデザイナー、新素材開発者、音楽家など
さまざまなジャンルのクリエイター5組を選出。

工房6社とのマッチングが行われ、
晴れて以下のプロダクトの制作がスタートしました。

ポップでモダンな真鍮の燭台

ポップでモダンな真鍮の燭台

真鍮のさまざま表情とモダンなフォルムが目を引く燭台

歴史ある高岡の金属鋳造メーカー〈能作〉と組んだのは、
2019年度の〈Creators Meet TAKAOKA〉のモデルツアーにも参加した、
〈Hamanishi DESIGN〉のプロダクトデザイナーの鎌田修さん。

手がけたのは、金属を溶解して形にする高岡銅器の
鋳造工程をモチーフにした、ポップな「燭台」。
上部は鏡面加工、下部は鋳肌がそのまま使われているのが特徴。
真鍮のさまざま表情とモダンなフォルムが目を引きます。

「錫のイメージが強い能作さんのなかで、
この燭台が真鍮の商品を代表するものになればうれしい」と鎌田さん。
デザインを担当した濱西さんは、能作のデザインリテラシーの高さと
プロダクト開発のスピード感に驚いたとのこと。
現在和蝋燭も開発しており、燭台と蝋燭のセット販売も検討しているそう。

Page 2

漆の新たな見せ方に挑戦

「NAGORI™ 樹脂」の〈縁EN〉のサンプル。この上に漆が塗られる予定です

「NAGORI™ 樹脂」の〈縁EN〉のサンプル。この上に漆が塗られる予定です。

漆器の企画問屋〈漆器くにもと〉のコラボレーション相手は、
三井化学社内のメンバーによって立ち上げられた有志グループ
〈MOLp(Mitsui Cemicals Oriented Laboratory)〉。

〈ルイ・ヴィトン〉、〈フェンディ〉、〈アンリアレイジ〉などの
有名ファッションブランドとも協業し、
実験的な製品を発表、そのたびに話題となっている同社。
3つの提案があり、現在サンプル試作が行われているのは、
経年変化を楽しむ漆のアクセサリー〈縁EN・輪WA〉。

三井化学が開発した海のミネラルから生まれた樹脂〈NAGORI™ 樹脂〉と、
植物由来のウレタン樹脂〈STABIO®〉で成型したアクセサリーに漆を塗布しており、
今までの漆製品にない、新たな質感を目指し、制作が進んでいる模様。

そのほか、和紙と三井化学のポリオフィレン合成パルプ〈SWP®〉と漆のコラボアイテム企画、
〈漆器くにもと〉の地場ネットワークを活かした金属製の防音ボードの台座制作も進行中。

Page 3

4方向から銅の可能性を探る

高岡銅器産地で一番の規模を誇る企画問屋〈竹中銅器〉と組んだのは、
プロダクト&ファッションデザイナーの手嶋隆史さん。

4方向から金属鋳造の表面加工の可能性を探り、そのアイデアを一旦すべて具現化、
そこから製品化に進めるものとそうでないものとを精査し、実際に販売していくそう。

〈Re Produce〉の試作プロダクト

〈Re Produce〉の試作プロダクト。

〈Re Produce〉:「つくらないでつくる」「解体と再構築」。
既存の香炉や花器などを切断し、いくつかの製品に再構築。

〈TO YA MA〉:黒部渓谷を表現したトレイと箸置きのセット。
トレイの青は銅の緑青、箸置きの赤は漆。
高岡の産地内でつくりだせる色や質感の幅広さを見せています。

〈Still we live〉:外部を磨いたソリッドな塊の中に、内部はひび割れた緑青の花器。
ヒビの入った金属塊にはかなりの迫力がありそう。
使いながら緑青の色を育てていくおもしろさもあります。

〈Gradation〉の試作プロダクト

〈Gradation〉の試作プロダクト。

〈Gradation〉:鏡面加工から、緑青による着色だけでない質感の
グラデーションがポイント。
花器またはタンブラーを想定しているとのこと。

Page 4

真鍮でできた三次元の国旗

〈View Point〉の試作品

〈View Point〉の試作品。

銅器メーカー〈佐野政製作所〉と、20年にも渡り、アメリカのプロダクト業界の
一線で働いてきたデザイナー・芳村朗さんらチームがつくるのは、
三次元で表現した国旗のオブジェ〈View Point〉。

完成品は真鍮製を予定しており、着色せず、表面加工で色の違いを表現。
大きさは6センチ×4.3センチほど。

〈View Point〉の試作品

〈View Point〉の試作品。

「あらゆる角度から彫刻的にみてほしい。
ある物事を違う角度からみたらどうなるんだろうと、
このオブジェが視野が広がるきっかけになれば」と芳村さん。
「イメージの枠外から来た、まったく予想していなかったアイディア。
絶対に世の中にない、すごくいい、ぜひやりたい。
独特なカーブや段状の形など、自由に形をつくれる鋳造の良さも生きる。
持った時の金属の重さも感じてもらえたら」と佐野さん。

Page 5

「おりん」の奏でる音にフォーカス

勝興寺でのレコーディング風景

勝興寺でのレコーディング風景。

音楽クリエイター/アーティストの若狭真司さんが主宰する
〈未音(ひつじおと)制作所〉は、今回ふたつの工房との協働。

ひとつは、職人の数が全国でも10人に満たない
「おりん」をつくる鍛金の〈シマタニ昇龍工房〉。

おりんを鳴らした音とおりん制作時の音(焼成音など)のみを
プロセッシング(音の波形の一部分を切り取ったり、表情を変えたりすること)し、
おりんをつくる過程をコンセプチュアルに表現した5曲の楽曲を制作しています。

この制作のため、2020年11月に高岡・伏木にある古刹・勝興寺で、
手のひらサイズから巨大なものまで、多数の「おりん」を持ち込んでレコーディングを敢行。

制作されたアートワーク

制作されたアートワーク〈Vague〉。

勝興寺でのオンラインライブおよびインスタレーションの発表をはじめ、
動画・写真のアートワーク〈Vague〉も制作し、CDと合わせて商品としての流通も目指すのだそう。

Page 6

アートな菅笠のスピーカー

菅製のスピーカーの骨組み

菅製のスピーカーの骨組み。

若狭さんのふたつ目のコラボ相手は、
菅の栽培から加工までを一貫して手がける〈高岡民芸〉。

福岡の菅

福岡の菅。

福岡(高岡市・旧福岡町)の菅笠は、
時代劇や全国の祭などの需要に対し、シェア9割を誇りますが、
もともと農閑期の内職だったため、工賃が安く、高齢化と後継者不足が深刻化。
そんな中、〈高岡民芸〉の中山煌雲さんは、産地唯一の若手として、
アートピースとしても飾りたくなる菅笠づくりも行っています。

今回制作されるのは、菅製のスピーカー。
写真は骨組みで、これから菅が編み込まれていくとのこと。
プロダクトデザインは、〈Vague〉のアートワークも担う黒野真吾さんが担当しています。

どれも、両者の持ちうる技術や才能がぶつかり、今までにないものばかり。
ここからさらにブラッシュアップされ、どのようなプロダクトに仕上がるのでしょう。
ぜひ、今後の展開にも注目してみてください。

information

Creators Meet TAKAOKA 2020 

主催:富山県高岡市

企画運営:一般社団法人富山県西部観光社 水と匠

広報:有限会社エピファニーワークス

Web:https://bunkasouzou-takaoka.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事