colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

京都〈世界文庫アカデミー〉
が第3期生を募集!
新講師に皆川明さんも

コロカルニュース

posted:2019.10.24  from:京都府京都市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

これからの働き方をまなぶ・かんがえる・つくる学校

京都の〈世界文庫アカデミー〉が第3期生を募集しています。
これは、セレクト古書店〈世界文庫〉が2017年に開講した、週末の大人のための学校。

ものづくりに関わりたい、カフェを開きたい、
なにおもしろいことを始めたい……そんな望みや目標を持った人たちが、
どうやったら夢を叶えられるのかということに取り組み、
みんなで新しい働き方をつくっていく学校です。

〈ソトコト〉編集長、指出一正さんの授業では「ローカル・地域の編集」をテーマに、日本各地で活躍するプレイヤーたちを紹介。生徒のなかには、移住を考えている人、自分の住んでいる地域を盛り上げたい人も多いのだとか。

『ソトコト』編集長、指出一正さんの授業では「ローカル・地域の編集」をテーマに、日本各地で活躍するプレイヤーたちを紹介。生徒のなかには、移住を考えている人、自分の住んでいる地域を盛り上げたい人も多いのだとか。

講師は〈ミナ ペルホネン〉の皆川明さん、〈御菓子丸〉の杉山早陽子さん、
ミュージシャンの曽我部恵一さん、絵本作家の荒井良二さん、
『つるとはな』編集長の岡戸絹枝さん、料理家のワタナベマキさんなどと、何とも豪華。
夢への第一歩を踏み出せそうな気がしてきます。

絵本作家、荒井良二さんの授業。「自分たちが今いる風景も絵本の一部である」という考えのもと、演劇的な絵本空間をつくりました。チームにおける自分の役割を深め、即興で物語を考えたり、パフォーマンスを行ったりする力を養う体験学習です。

絵本作家、荒井良二さんの授業。「自分たちが今いる風景も絵本の一部である」という考えのもと、演劇的な絵本空間をつくりました。チームにおける自分の役割を深め、即興で物語を考えたり、パフォーマンスを行ったりする力を養う体験学習です。

第3期の講師一覧は、次の23名です。

皆川明(ミナ ペルホネン デザイナー)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
杉山早陽子(御菓子丸 和菓子作家)
中川正子 (写真家)
木村まさし(オールユアーズ代表)
荒井良二(絵本作家)
指出一正(ソトコト編集長)
平田はる香(株式会社わざわざ代表取締役)
ワタナベマキ(料理家)
岡戸絹枝(クウネル創刊編集長、つるとはな編集長)
永原真夏(音楽家)
惣田紗希(デザイナー、イラストレーター)
chi-ko.(フローリスト、Forager代表)
服部滋樹(grafクリエイティブディレクター)
小桧山聡子(山フーズ主宰)
ナカムラクニオ(6次元店主)
ルーカス・B.B. (PAPERSKY編集長)
岸本千佳(不動産プランナー)
古賀鈴鳴(世界文庫アートディレクター)
黒田義隆 (ON READING、ELVIS PRESS代表)
いか文庫(エア本屋)
安達薫 (SITRUUNA編集長、ONKUL元編集長)
SHOWKO(SIONE代表、陶板画作家))

第1期、第2期は全国から生徒が集まり、ほとんどの方が夢への第一歩を踏み出し、
自分の店や場所を持った人も、たくさんいたのだとか。

次のページ
実際の授業はどんな感じ?

Page 2

校長でありながらすべての授業に立ち会い、授業を見守る古賀鈴鳴さん(中央)。「いわば担任のような存在でもあります」と、古賀さん。

校長でありながらすべての授業に立ち会い、授業を見守る古賀鈴鳴さん(中央)。「いわば担任のような存在でもあります」と、古賀さん。

世界文庫アカデミーの校長は、デザイナーであり
〈世界文庫〉の店主でもある古賀鈴鳴さん。
上の写真は、京都の書店〈恵文社〉で食とマルシェの
マーケットイベントを行なった時の様子です。

世界文庫アカデミーでは、授業を受けた上でイベントを行い、
アウトプットすることも大事にしているそう。
それは展示であったり、ワークショップであったり、
マーケットイベントだったり。

「“互いの夢を、協力しあって叶えよう”というテーマで
集まっている学校なので、こういうイベントの時も
サポートし合うのが、世界文庫アカデミーの特長のひとつです」(古賀さん)

アパレルブランド〈オールユアーズ〉代表、木村まさしさんの授業。クラウドファンディングに挑戦し、アパレルブランドのカテゴリでは国内最高額の支援を調達していることから、クラウドファンディングについて教わります。

アパレルブランド〈オールユアーズ〉代表、木村まさしさんの授業。クラウドファンディングに挑戦し、アパレルブランドのカテゴリでは国内最高額の支援を調達していることから、クラウドファンディングについて教わります。

コースは編集・キュレーション・場づくりコースと
デザイン・ものづくり・場づくりコースのふたつ。
毎週違う先生が授業を行い、どのクラスでも、全講師の授業が受けられます。

最初の授業ではそれぞれの夢や、叶えたいことを発表し合い、
先生はもちろん、生徒も知恵を出し合い、
みんなでその夢叶えていく方法を考えます。

さらに、次につながる何かを形に残すため、
ジン(個人誌、フリーペーパー)、ウェブサイト、イベント/展示の
3つのなかから、好きなものをつくってもらいます。

もっと詳しく知りたい方は、直接お問い合わせを。
見学や相談にも応じてくれます。
またこちらには卒業生の声もアップされています。

今年は既に申し込み、問い合わせが相次いでいるとのこと。
申し込みは2020年1月13日(月)まで、
開講は2020年1月25日(土)からです。
通いたいクラスがある方は、お早めに!

information

map

世界文庫アカデミー 第3期

募集期間:2019年10月2日(水)〜2020年1月13日(月)

開講:2020年1月25日(土)

会場:世界文庫

住所:京都府京都市北区 紫野東舟岡町19

http://sekaibunko.com/academy/

https://www.facebook.com/sekaibunko

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ