colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

部屋にいながら「魅惑の京都」を堪能。
ホテル〈eph KYOTO〉が表す
京都の美意識

コロカルニュース

posted:2019.8.5  from:京都府京都市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

〈eph KYOTO〉の外観。京都駅「八条口」から徒歩3分でアクセス良好。

京都をモチーフにした、デザイン性の高いホテル

年間観光客数は約5,300万人、国際都市としてアジアをはじめ各国から旅行者が訪れる京都。
古き良き歴史的遺産と日々変遷する新しい文化が巧みに混ざり合い、
独自の空気を育んできたこの土地にホテル〈eph KYOTO〉がオープンしました。

「ephハリウッドツイン」の客室

〈eph KYOTO〉「ephハリウッドツイン」の客室。参考価格:22,400円(2名1泊朝食付/時期により価格が変動します。)

ホテルのコンセプトは「刺激的な空間と個性に“Effect(影響)”される」こと。
京都ならではの歴史や文化をより色濃く反映した空間は、意外性にあふれ、斬新。
窓の外には京都の「枯山水」を思わせる壁面があり、
壁に金銀の市松模様が描かれている客室や、天井に桜が描かれている客室など、
日本の伝統を感じさせるデザインが散りばめられています。

〈eph KYOTO〉のフロント

嵐山を想起させるような竹林が、金箔のきらびやかな天井に向かってのびるフロント。

こうしたユニークな京都モチーフが客室のみならず
外観やフロントなどホテルの細部にまで散りばめられ、
「ここにも京都がいた」と探してみるのも楽しそう。

設計を手がけたのは、京都を拠点に国内外で活躍する建築家の高松伸氏。
「美しい建築」を掲げる高松氏が表現した『魅惑の京都』を、
泊まりながらにして堪能できるのは最高に贅沢。

朝食ビュッフェに並ぶ料理の数々

季節によりメニューの改変があります。

また、毎朝つくりたての朝食ビュッフェも絶品。
和食・洋食・中華を取り揃え、柴漬けのおにぎりや鶏肉の中華パオなど
お腹が満足するメニューのほか、朝に嬉しいフレッシュなスムージーなども充実。
食事の種類が幅広く、英語に堪能なスタッフが常駐しているので
外国からのゲストをおもてなしするにも◎。

次のページ

Page 2

〈eph TAKAYAMA〉も7月1日にオープン

「ephツイン」の客室

〈eph TAKAYAMA〉「ephツイン」の客室。参考価格:19,980円(2名1泊朝食付/時期により価格が変動します。)

そんな〈eph〉ブランドですが、実は岐阜県の高山にもホテルをオープン。
JR高山駅から徒歩1分の好立地で、
1階にはカフェバー〈Hids’ cafe & bar〉を併設しています。

ヒノキが使われた浴室

浴室のヒノキは全室コーティング仕様。

〈eph TAKAYAMA〉のモチーフとなっているのは飛騨高山の自然情景。
客室の窓部分には色彩豊かなアートが描かれた襖が使われ、
飛騨高山の豊かな自然が浮かびあがってくるよう。
地元産の大きなヒノキ風呂では、森林浴をするようにゆっくりと疲れを癒せます。

京都の風景

京都のまち並み。

京都の風土に影響を受けてつくられたという〈eph KYOTO〉。
この場所からまた新たなカルチャーが生まれ、京都を形づくる土壌のひとつになっていく。
そんな循環が生まれそうな、美意識溢れるホテルができました。

information

map

eph KYOTO 
エフ キョウト

所在地:京都府京都市南区東九条西山王町5-6

アクセス:京都駅「八条口」から南方向へ徒歩3分

宿泊料金:参考価格 22,400円(2名1泊朝食付/時期により価格が変動します)

チェックイン:15:00〜

チェックアウト:〜11:00

客室:全19室(全室定員2名/コネクティングルームで4名まで宿泊可能)

朝食:1階ラウンジにて毎朝提供

TEL:075-693-8898

メールアドレス:info@eph-hotel.com

公式サイト:https://eph-hotel.com/kyoto/ja/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend