colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈ロエベ ファンデーション クラフト
プライズ 2019〉
グランプリは漆塗りの技法を用いた
石塚源太氏

コロカルニュース

posted:2019.7.12  from:東京都港区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

次世代のアーティストによる、先鋭的なクラフトが集結

現代まで受け継がれてきた工芸文化に敬意を払いつつ、
次世代の才能あるアーティストを見つけ出すことを目的に、
ラグジュアリーレザーブランド・ロエベが立ち上げた
〈ロエベ ファンデーション クラフト プライズ〉。

審査員には、プロダクトデザイナーの深澤直人氏や
プリツカー賞を受賞した建築家で工業デザイナーのパトリシア・ウルキオラ氏
といった世界の第一線で活躍するアーティストらが名を連ね、
年々回を重ねるごとに規模が大きくなっています。

そんな同賞の第3回目の授賞式が、先日6月25日に
赤坂にある草月会館で開催されました。

今回グランプリに輝いたのは、京都市立芸術大学および
ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブアートで学び、
伝統的な漆塗りの技法を用いたアート作品を発表している
日本人アーティストの石塚源太氏。

石塚源太 Surface Tacitility #11 2018

石塚源太 Surface Tacitility #11 2018

作品は、スーパーマーケットで売られているメッシュ袋に入った
みかんのかたちをインスピレーションソースに製作した漆塗りのオブジェ。
デコボコとした形状はそのままに、艶やかで奥行きのあるものとなっています。
漆も、このような現代アートの領域にまで広げられるなんてびっくり。

特別賞にはエディンバラ拠点のアーティスト・ハリー・モーガン氏と
イギリスを拠点にする日本人の高樋一人氏が選ばれました。

授賞式には、〈ロエベ〉のクリエイティブ ディレクターである
ジョナサン・アンダーソン氏をはじめ、
審査員、ファイナリスト、女優の鈴木京香氏らが出席。

現在草月会館では、日本人10名の作品を含む
ファイナリスト29名の作品が展示されており、7月22日まで一般公開中。
ちなみに今回、日本人ファイナリストは過去最多だったのだそう。

日本人作品はもちろん、世界各地に存在する工芸技術を現代の感覚で解釈した
コンテンポラリーなクラフトは、どれもウィットに富んでいて本当にかっこいい。
草月会館に浮かんだフレッシュで力強い才能を、この機会にお見逃しなく。

information

map

Loewe Craft Prize 2019 
ロエベ ファンデーション クラフト プライズ 2019

会期:~2019年7月22日

会場:草月会館 東京都港区赤坂7-2-21

時間:10:00~19:00 、~20:00(金曜)

料金:入場無料

定休日:無休

Web:http://craftprize.loewe.com/ja/home

トークセッション

日時:7月6日 14:00~15:30

登壇:皆川明(minä perhonen代表、デザイナー)、吉泉聡(TAKT PROJECT Inc.代表 、デザイナー)

日時:7月13日 14:00~15:30

登壇:西尾洋一(『Casa Brutus』編集長)、上條昌宏(『AXIS』編集長)

日時:7月20日 14:00~15:30

登壇:石塚源太(本年大賞受賞者)

モデレーター:川上典李子(ジャーナリスト/21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)

会場:草月会館(談話室)

参加方法:当日先着順

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend