colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

じぶんの時間がここにはある。
倉敷市の〈滔々 倉敷町家の宿〉で
くつろぎのひと時を。

コロカルニュース

posted:2018.11.14  from:岡山県倉敷市  genre:旅行 / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年8月、岡山県倉敷市の美観地区内、大原美術館のすぐそばに、
〈滔々(とうとう) 倉敷町家の宿〉がオープンしました! 
倉敷の美しい街並みと地続きのような町家で、
古きと新しきをいつくしむ空間が、ここにあります。

座敷の机は木工作家の田澤祐介さんのオリジナル

座敷の机は木工作家の田澤祐介さんのオリジナル。脚から宙に浮いているような意匠が面白い。

倉敷のまちに佇む、築およそ100年の町家は、さまざまな人が住みつなぎ、
暮らしの跡を残してきました。

2階の寝室が完成した際の写真

2階の寝室が完成した際の写真。土壁には、鉄が黒い斑点となって浮き出ている。長い歴史のある建物にだけ見られる「蛍壁」とも呼ばれる。

味のある曲がった柱や2階の土壁。建物の歴史をなるべくそのまま残しながら、
現代の快適さも兼ね備えた空間がここにあります。

次のページ
全てオーダメイドの家具。

Page 2

〈滔々 倉敷町家の宿〉のリビング

ソファもローテーブルも〈さしものかぐたかはし〉高橋雄二さん作。

そして、〈滔々 倉敷町家の宿〉の家具はすべてオーダーメイド。
どんな家具がこの宿に合うのか、ひとつひとつ吟味を重ねて決めていきました。

なかでもリビングにある〈futon sofa〉は
「眠りを誘うソファ」というオーダーから生まれたもの。
フレームの木工の美しさで場を整え、座面はふとん屋さんがあつらえたという
クッションで、本当の心地よさを演出。ついつい、うたた寝したくなってしまうソファです。

キッチン部分

キッチンに備えられている器やグラスも、もちろん手仕事によるもの。気に入ったものは、宿隣接のギャラリーかお取り寄せで購入が可能。

〈滔々 倉敷町家の宿〉の風呂場

浴槽は広島県〈大和重工〉の鋳物ホーロー。脚が伸ばせる広さで、一流ホテルのスイートルームのよう。洗面所の床は岡山特産の〈万成石(桜御影)〉を使用。

宿に合うようにオーダーされた家具に囲まれ、
じぶんの時間を過ごすうちに、心がほぐれていく感覚がわかります。
宿を通して、さりげない「ひとの気遣い」に包まれてみてくださいね。

そして隣には、日本全国からセレクトした手仕事の逸品が並ぶ
ギャラリーも併設されています。貸しギャラリーの展示も併せてご覧ください。

併設されているギャラリー

あたたかみのある宿に比べて、スタイリッシュでシンプルなギャラリー。
備前の陶芸作家、森本仁さんなどの作品が見られる
〈木の器と耐熱の器〉展は2018年11月30日まで。

こちらの〈滔々 倉敷町家の宿〉を手がけたのは、
毎年5月初旬に開催される野外クラフト展〈フィールドオブクラフト倉敷〉の
実行委員も務める、宮井宏さんとファースト理恵さん。
その確かな目で選ばれた作品の数々は、使い込むうちにどんどん味がでてきます。

「お客さまに、夕時〜夜の美しい倉敷を楽しんでいただき、
宿に戻ってまったりとくつろいでほしい」(理恵さん)
「ふだんの生活から離れ、華美ではないが良質な非日常を楽しんでもらえたら」(宮井さん)

そんな思いがつくりだした〈滔々 倉敷町家の宿〉で、
美しい倉敷をじっくり味わって欲しいと願います。

information

map

滔々 toutou、Kurashiki gallery and stay 
滔々 倉敷町家の宿

住所:岡山県倉敷市中央1丁目6-8

TEL:086-422-7406

ギャラリー営業時間:10:00〜17:00(13:00〜14:00 休憩)

ギャラリー定休日:月曜(展示替えなどによる臨時休業あり Instagramで告知)

Web:公式サイト Instagram

宿泊予約:Web上または電話での予約が可能です。

宿泊予約フォーム

Tags  この記事のタグ

Recommend