colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「やぶ」って何?
広島県呉市のお祭りで大暴れ。
怖くてクールなその正体は?

コロカルニュース

posted:2018.10.11  from:広島県呉市  genre:旅行 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

全国で秋祭りが開催される季節になりましたが、広島県呉市の秋祭りは熱い! 
何が熱いのかといえば、呉市民の秋祭りにかける情熱と、
独特の風貌で大暴れする「やぶ」。

通称「やぶ」は、呉特有の呼び方で、いわゆる様々な鬼の面をつけ、
黄色や赤、緑など派手な衣装つけて秋祭りに登場する鬼たちです。
竹の棒を持って祭りの時に現れ、神様の警護と道案内をし、
神様に奉納される米の出来具合の確認する役割を担っていると言われています。

まちを闊歩する「やぶ」

呉の祭りに「やぶ」は欠かせない存在です。
が、この「やぶ」が怖いのなんの~! 
呉市民ではトラウマになっている人がたくさんいます。
小さい頃から竹の棒を振り回しながら追いかけ回され、
赤ちゃんは「元気に育つ」と抱っこされる。
お祭りになると、あちこちで子供たちの泣き叫ぶ声が聞こえます(笑)
もちろん、筆者も小さいころは「やぶ」が怖くて怖くて、
お祭りが大嫌いになる程トラウマでした……。

「やぶ」が勢揃い

こうして呉市民は、異形の面をつけた「やぶ」がお祭りごとに練り歩き、
走り回り、暴れて喧嘩する姿を見て育つのです。

呉には約30ほどの神社があり、9月下旬~11月上旬にかけて、
毎週どこかの神社(お宮さん)で小祭りが開催され、
神社ごとにやぶの面や衣装などが異なります。

「やぶ」休憩中。神社ごとにやぶの面や衣装などが異なる

次のページ
やぶに取り憑かれた「やぶ女」も!

Page 2

何と言っても、祭りの見どころは、俵神輿を氏子が神社に奉納する時。
これがお祭りのクライマックスです!
「やぶ」が神社に待ちかまえ、俵神輿が入っていくのを全力で止めます。
やぶと俵神輿を担いだ氏子がぶつかり合い、
何度も激しい攻防を繰り返す「俵もみ」をします。
転倒したり、時には熱い大げんかになったり、と俵もみをするほうも見るほうも、
次第に高揚し、熱気と怒号に包まれながら最高潮の瞬間を迎えるのです。

「やぶ」仁王立ち

しかし、恐ろしかった「やぶ」も大人になると格好いい事ったら~。
立ち回る姿は、迫力満点。
神社ごとに、やぶの面、やぶの数や衣装違うので、
その違いをチェックしに行くのも楽しみの一つです。

そんなやぶの魅力に取り憑かれた人もたくさんいます!

あちこちの神社でやぶを撮影する「呉のやぶ」さん。やぶの研究もしています。

やぶに魅せられ、ついにオリジナルグッズを制作する「ヤブ女」さん。

とにかく、呉の「やぶ」は最高にクール!
これからの季節はどこかの神社でやぶに会えますので、是非会いに来てくださいね。

Tags  この記事のタグ

Recommend