colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈尾道デニムキャラバン@飛騨〉
ユーズドデニム好き大歓喜、
あなただけのオンリーワンに出会おう!

コロカルニュース

posted:2018.9.29  from:岐阜県飛騨市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

全国のユーズドデニムファン待望のイベント〈尾道デニムキャラバン〉が
岐阜県飛騨市古川町の〈円光寺〉で開催されます。

このキャラバンのもととなっている〈尾道デニムプロジェクト〉は、広島県尾道市が舞台。
「地元・備後地方で作られるデニムを漁師や柑橘農家、大工、住職など尾道のワーカーが
1年間ワークパンツとして穿きこむことで、
通常の加工では表現できない“リアルユーズドデニム”を創作する」
とてもユニークな取り組みです。

仕事や日々の生活の中で刻まれたシワや自然な色落ちなどの個性があふれる。

仕事や日々の生活の中で刻まれたシワや自然な色落ちなどの個性があふれる。

こちらのデニム、当初は1点1点の風合いの違いや
そこに刻まれたストーリーを熟知しているスタッフとお客さまの接点を重視し、
尾道のショップのみで販売を行っていました。
しかし、より多くの方に尾道デニムの魅力を届けるため〈尾道デニムキャラバン〉と題して、
東京、大阪、名古屋をはじめ、熊本、鎌倉、香川県小豆島など、
これまで全国各地で開催し地域の方々と交流してきました。

尾道デニムはすべてが一点物。こちらは飛騨キャラバンのきっかけをつくった高原直也さんのデニム。

尾道デニムはすべてが一点物。こちらは飛騨キャラバンのきっかけをつくった高原直也さんのデニム。

東京で開催された際の〈尾道デニムキャラバン〉。

東京で開催された際の〈尾道デニムキャラバン〉。

次のページ
開催はひとりの移住者がつないだ縁

Page 2

今回「飛騨」が舞台に選ばれたのは、
広島風お好み焼き屋〈えん〉の高原直也さんの存在があったからです。
尾道出身の高原さんは、
もともと尾道のワーカーとして〈尾道デニムプロジェクト〉に参加していました。
その後、飛騨の街に惚れ込み移住を決意。
そんな彼の「大好きな尾道と飛騨をつなげたい!」という想いが、
この地にキャラバンを呼びました。

高原直也さん。現在は岐阜県飛騨市古川町で広島風お好み焼き屋を営みながら、ゲストハウスを建設中。

高原直也さん。現在は岐阜県飛騨市古川町で広島風お好み焼き屋を営みながら、ゲストハウスを建設中。

〈尾道デニムキャラバン@飛騨〉は“昼の部”、“夜の部”の2部構成。
昼の部では、選りすぐりの尾道デニムの販売や、ワークショップが行われます。
夜の部では、〈尾道デニム屋台〉と題し、尾道ラーメンなどの尾道を味わう屋台を楽しめます。
さらに飛騨市市長をお迎えし、飛騨や尾道のまちの魅力や未来について
トークセッションも行われます。

デニムを通して地域と尾道をつなぐ〈尾道デニムキャラバン〉。
次はあなたのまちに訪れるかもしれません。

information

map

尾道デニムキャラバン@飛騨

日時:2018年10月26日(金)~28日(日)

26日(金)19:00~22:00 前夜祭

27日(土)10:00~17:00 尾道デニム販売会/18:00~21:00 尾道デニムトークショー

28日(日)10:00~15:00 尾道デニム販売会

※販売会、前夜祭、トークショーともに入場無料

尾道デニム販売会@飛騨古川 円光寺:岐阜県飛騨市古川町殿町11-11

尾道デニム屋台@やんちゃ屋台村:岐阜県飛騨市古川町弐之町3-1

お問い合わせ:ONOMICHI DENIM SHOP

TEL:0848-37-0398

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend